YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

初の中央アルプス縦走、上松から倉本へ

masakatoさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

木曽駒ヶ岳・空木岳・将棊頭山

2015/08/16(日) 02:19

 更新

初の中央アルプス縦走、上松から倉本へ

公開

活動情報

活動時期

2015/08/09(日) 09:28

2015/08/11(火) 22:16

アクセス:519人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,834m / 累積標高下り 4,599m
活動時間60:48
活動距離25.74km
高低差1,834m

写真

動画

道具リスト

文章

実行しました。初の2泊3日縦走。
JR上松駅からタクシー利用で敬神の滝、「上松Aコース」で木曽駒が岳泊、2日目山頂から宝剣岳、檜尾岳経由木曽殿小屋から空木岳へ、駒峰ヒュッテ泊、3日目木曽殿へ戻り、JR倉本駅へ下山の計画。30Lのザックに食料と水(2.5L)等々、目一杯で自宅を出発。朝1番の「中津川」行快速、「松本」行普通で上松駅8:46着、駅前からタクシーで「敬神の滝」登山口(3250円)。登山届、中央アルプスは独自の書式が置いてあります、地図・コース・小屋まで記載されてます。スタートして2時間ほどで「金懸小屋」で昼食、御嶽山を望みながら。王滝山頂から剣ヶ峰付近は灰色に見えます。合掌。金剛水は出てました。ラクダの背あたりから三ノ沢岳を右に望みながらの登りが続きます。7合目では左に麦草岳も見えてきました。8合目で木曽前岳との分岐を山頂へのルートにしました。お花畑は満開。その後大なぎを無事通過し「玉乃窪山荘」16:30着、遅くても受け入れていただいた小屋番さんありがとうございました。他の宿泊の方は楽しい人(大阪の方など)でした。2日目、山荘を2回出発(忘れ物した)、木曽駒が岳山頂、百名山9座目です。先月のリベンジを下から登頂して達成しました。まずは一つの目標をクリア。さて縦走です、「宝剣山荘」でトイレ休憩、千畳敷から続々と登ってきます。宝剣岳に急ぎます。渋滞もなく「登頂」ガスのおかげで高度感が薄れていました。が、岩の上には立てませんでした。島田娘あたりまでは快適な稜線歩き、濁沢大峰に向けては結構なアップダウン、見えてきた檜尾岳へはさらに大きな標高差の稜線です。お昼12時に山頂着、今後の天気予報が雷雨となっており、空木岳へは断念。檜尾避難小屋に入りました。16時ごろから雷鳴が、その後雨も。判断は正解でした。予定通り継続していたら空木岳登頂途中で見舞われていたのでは、と。避難小屋ですが、お勧めです。水場もチョロチョロですが出ていました。アルプスの少女ハイジに出てくような雰囲気です。雨上がりには、町の明かりがきれいで、星空も、航空機の明かりもと、山ではの景色です。翌朝は、南アルプス方面は雲でしたが切れ間から朝日を拝み、出発。大滝山、熊沢岳とこれも結構なアップダウン、御嶽山・乗鞍岳を望みながら休憩を繰り返し、南アルプスも微かに見えてきて何とかモチベーションを保ちました。東川岳に着いた時、空木岳への稜線を見て、「今日は無理だな」と判断。木曽殿で先行の同泊者たちが空木経由で下山するので一緒にと誘っていただきましたが、昨年登頂していることもありここから予定通り下山しました。
「義仲の力水」「仙人の泉」「うさぎ平の水場」と冷たくておいしい水量豊富な水場、補給しながらで軽量化にうれしいです。昨夜の雷雨でぬかるんで滑ってストックが破損しと、下山のはずが結構登り返しがありタフなコースでした。途中3人の方が登ってみえました。ダム上部駐車場からとのこと16台しか止まってないよ。とのこと。今日は車ではないので関係なし。うさぎ平からは林道歩き、金沢土場から「中八丁峠」へ、林道から渡渉して本格的な登山道。道というより急斜面の笹などを刈り取っただけの直登です。沢歩きも少々。「八丁の清水」約1時間の登り、尾根を下ります。「巴御前の笛掛」を通り、2合目から登山道は通行止め、林道を約5キロ超歩きます。地図では1時間10分の登山道が大回りの林道で2時間近く歩きました。(疲れもありますが)。途中で登山道整備をしているという方とお会いしました。檜尾からと伝えると、長いね、ご苦労様。雨の影響はどうかと聞かれ「緩いところは多いが、渡渉とか問題はなかった」と答え、歩く人が少ないので情報を自分の目で確かめるためまた登るとのこと。ご苦労様です。倉本駅には16時30分着、実はここでスマホのバッテリー切れに気づき、終了の確認ができませんでした。振り返ると、空木岳経由で駒ケ根に下山、高速バスで帰るのが良かったのかなと、また登り下りどちらかでロープウェイ利用が体力的にも良いと思いました。とにかく疲れましたが、幸い夏休みの前半。今日は休息日、荷物を干して片づけてとのんびりしてます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン