YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

「みっくんと眺望眺めにマッタリハイク」大川嶺~笠取山

くりきんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:ファミキャン・ソロキャンプを中心に楽しみ
    その後登山を始めました。
    YAMAP を通して出会いもありキャンプと週末山行を楽しんでます^^
    どうぞ、気軽に覗いてください!
  • 活動エリア:高知, 愛媛, 徳島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:愛媛
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

四国遍路その14

2015/08/18(火) 09:02

 更新

「みっくんと眺望眺めにマッタリハイク」大川嶺~笠取山

公開

活動情報

活動時期

2015/08/14(金) 10:36

2015/08/14(金) 17:03

アクセス:570人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 694m / 累積標高下り 718m
活動時間6:27
活動距離4.52km
高低差122m
カロリー4350kcal

写真

動画

道具リスト

文章

盆休みは、前半にしか山行予定が取れない中で、みっくんからお誘いを貰いました。
ただ、みっくんも前日にYAMAP 四国オフ会があり無理は出来ない事もあり提案により大川嶺・笠取山での山行となりました。

山名 大川嶺(おおかわみね)
標高 1525m
種別 二等三角点

山名 笠取山(かさとりやま)
標高 1561m
種別 三等三角点

みっくんと、会うのは2度目になります待ち合わせの33号線沿いから、県道328号線への分岐で合流し挨拶交わし進むが小雨が降りだす(スキー場へ向かう道)道は広くはないが舗装も荒れてないので走りやすいスキー場からは、クネクネ道が続くので時々降りてくる対向車に注意!

30分ぐらいマイカーを走らせる美川嶺からのハイク予定も山道口がわからず、マイカーで進むと標高も1500越えると景色が最高!途中で撮影タイムをとり大川嶺へ

案内板脇にマイカー停車、準備後に踏み跡をたどり柵の支柱に沿ってまっすぐ登ります。だんだん丘の上が見え大川嶺山頂が!到着し360゚の大パノラマに景色を見回し撮影タイム
ボトルの水で喉を潤し談笑しながら笠取山へ、なだらかな斜面を登り丘に大川嶺が一望できます。この丘からの景色もイイですが先に、途中に岩がありましたがポーズ撮り忘れ残念😢

ササが膝下まで伸びた牧場跡の柵に沿って踏み跡が続いています。たまに、岩が隠れていたりクボミもありましたがアップダウンを繰り返しながら丘を登ると笠取山山頂に到着しました。
この時、天候も良くなり山々が連なって四国カルストの風車も見えパノラマを楽しむも日が射し込み始めるとアブが飛び交う😢アブと格闘しながら山メシの焼きそばを作り冷えたノンアルコールで乾杯(^^)
山頂で山メシ後も談笑が続くが、そろそろ下山!大川嶺を経由し駐車した県道との分岐に戻りザックをトランクにマイカー越しに沈む夕日を眺めた後、県道を下り、みっくんと眺望と談笑を楽しむハイクを終え帰路へ

今回は、愛媛に住みながら訪れたことがなかった大川嶺・笠取山で回復した天候の中で四国カルストに等しいぐらいの景色を夕方まで談笑しながらマッタリ満喫する事ができました。
次回、訪れる時はテント持参で星を眺めるのもイイかも🌠
                おわり

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン