YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

今日の僕は、"fool on the hill"

ふくえもんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:山歩きにすっかり魅了された山ボーイならぬ山バカさんテヘヘッ(*゚ー゚)> 主にソロ&日帰りが中心ですが、夏山の時期はテントを担いでアルプスを縦走しています(^^♪ 初めて燕岳に登った時に稜線越しに見える裏銀座コースの山並みが心にしみて、すっかり山にはまってしまいました。
    今まで主に関東甲信越・東海エリアの山へお邪魔してきましたが、もっと色々な山域を訪れて多くの山の個性を楽しみたいと思っています。また、登山を通じて多くの方に出会い、山話をして盛り上がれたらと願っています(*゚.゚)ゞポリポリ
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

恵那山・大判山・神坂山

2015/08/16(日) 17:03

 更新

今日の僕は、"fool on the hill"

公開

活動情報

活動時期

2015/08/15(土) 10:10

2015/08/15(土) 16:02

アクセス:1265人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,532m / 累積標高下り 3,539m
活動時間5:52
活動距離20.48km
高低差982m
カロリー2698kcal

写真

動画

道具リスト

文章

夏山真っ盛りの今の時期、アルプスをはじめ高いお山に登りたくてウズウズしている毎日ですが、この前北アルプスへ行ったときにヘロヘロになりすぎて、現在体力回復の充電期間中です((o(> <)o))うずうずっ。
また遠征するには家族の理解なくしてできませんので、7月に遠征させてもらった分しばらく家族サービスに勤しんでいます(゚∇^*) テヘ♪

でもやっぱり山バカ!!ヾ(・ε・。)ォィォィ 山へ行きたいという気持ちが抑えられず、夫婦で気楽に登れる山歩きをしようと、奥さまを誘い富士見台高原へ行ってきました。
富士見台高原を目指すのなら「ヘブンスそのはら」に行かなくても神坂峠に車を止めればすぐですが、ちょっと距離を歩きたいと思い「ヘブンスそのはら」から富士見台高原を往復するプランとしました。
※今回の活動距離にはロープウェイやリフトの使用も含まれています。

「ヘブンスそのはら」のロープウェイは往復2,200円、ロープウェイ・リフト券は往復3,100円です。往復券なので、大切に持っていないと後で大変なことに・・・ なお、ロープウェイ券があるとソフトクリームが50円引きで食べられます(^^♪

ロープウェイを降りてセンターハウスまで歩くとここから展望台に通じるリフトに乗れますが、私たちはりんどうコースで歩いていくことにしました。りんどうコースは、The林道って感じで、所々舗装された道を登っていきます。眺望はあまり期待できません。りんどうコースを登りきると、リフトで登ってこられる展望台に合流します。展望台からは南アルプスの山並みが一望できて最高です(゚・゚* ホレボレ
展望台から富士見台高原の萬岳荘までは、また舗装された林道歩きが続きます。片道400円で高原バスが運行しているのでバス利用も可能です。歩きの場合、トレッキングマップでは1時間とありますが、実際はもう少し短時間で歩けると思います。

萬岳荘から富士見台高原までは約1㎞の道のり。笹原の中を通じる登山道を登っていきます。登山道は石がコロコロしていますが、段差はなく、小さなお子様を連れたご家族連れでも気軽に登れると思います(実際たくさんの家族連れの方がいらっしゃいました)。
それにしてもここの笹原の景色は美しい(*・・*)ポッ 風が吹くとサラサラと音がするのも心地いいし、風に揺られて波打つ姿も素晴らしい!! 
こっこさんの山レポを見て笹原の景色の中を歩きたくなり、場所は違えど笹原の景観で有名な富士見台高原にやってきましたが、来てよかった~ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪
富士見台高原からは中央アルプスや南アルプスが一望でき、すぐ近くにある恵那山の重厚感ある山容が楽しめますd(>_< )Good!!
富士見台高原の標識が立っている場所からは360°のパノラマの景色を楽しめます ヤッホー(ノ^∇^)ノ
登山というよりはお手軽ハイキングの場所で、山頂でお弁当を食べるのもいいかも(゚▽゚*)ニパッ♪
見晴らしがとてもよく、そして笹原広がる風景がとても素敵でとても気に入りました。


さて、ここからはお馬鹿話(TmT)ウゥゥ・・・。つっこみどころ満載のお馬鹿っぷりです。
その1.最近山食として即席パスタを持って行っていますが、今回試食を兼ねて数種類用意しました。素敵な景色を見ながらご飯を食べていると予想以上に食が進み、用意していたものを全て完食。
カロリー消費はまた歩けばいいやと安直に考えていたら、登るそばからお腹に異変が・・・。富士見台高原に着いた頃からお腹がぐるぐるし始め非常にまずい状態に(゚口゚;)うっ・・・・・。
幸いなことに富士見台高原のすぐ近くに神坂小屋という避難小屋があり、文字通りトイレに駆け込みました。
今回アップした写真が山頂から急激に数が減っているのは、私が腹痛と格闘していたからです(;^◇^;)ゝ イヤァ
教訓:暴食は慎みましょう(・vv・) ハニャ???

その2.ロープウェイの往復券。帰りも提示する必要があるので失くしちゃいけないと、胸元のカメラホルダーに保管していました。帰路、萬岳荘から展望台までは歩いてきましたが、ここからは林道歩きではなくリフトでセンターハウスまで下りることにしました。リフトに乗る時にセンターハウスに到着したらソフトクリームを食べようって往復券を見ながら考えていました(50円の値引きが受けられます)。
ところが、リフトから下りてソフトクリームの列に並んでいる時に、あれっ!!チケットが無いぞって気づき大慌て!!(゚∇゚ ;)エッ!?
多分、リフトに乗っていてカメラをゴソゴソしている最中に落っことしたんだと思います(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
ど・う・し・よ・う(゚ロ゚ノ)ノって、マジ焦りました。もうソフトクリームの事は頭から消え失せてしまい、パニック状態!!うっ・・・・・・(*゚~゚*)。
チケット売り場のスタッフさんに事情を説明したところ非常に親切に対応してくださり、あらためてチケットを購入しなくてもゴンドラに乗れることになりました。本当にありがとうございます!!<(_ _*)> アリガトォ
この時応対していただいたスタッフさんの神対応に感激しました!!感(┳∧┳)動
残念ながらソフトクリームは食べそびれましたが、次来た時にいただきたいと思います。
教訓:登山は下山まで気を緩めないように(*゚.゚)ゞポリポリ

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン