YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

立花山~松尾山~白岳山縦走(感動の再会)

karenさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:お山のてっぺんから見る景色はどんなだろう…と思ったのか、登山を始めるきっかけでした。そして、自分の足で頑張って歩かないと見ることのできない景色の素晴らしさを知ってしまってからは、山に足が向くようになってしまいました。
    低山をふらっと気ままに登るのが好きです。
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

立花山・三日月山

2015/08/17(月) 01:06

 更新

立花山~松尾山~白岳山縦走(感動の再会)

公開

活動情報

活動時期

2015/08/16(日) 10:44

2015/08/16(日) 13:12

アクセス:235人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 407m / 累積標高下り 493m
活動時間2:28
活動距離3.21km
高低差291m

写真

動画

道具リスト

文章

およそ1カ月ぶりのお山。
どこに行くかかなり迷い、立花山へ行くことにしました。
駐車場に着いて靴を履き替えながら、時計とタオルを忘れたことに気づきました。
時計はスマホで代用できるけど、タオルは・・・さくっと登ってさくっと帰れば大丈夫。
開き直って出発。
登ってみると、思ったより暑くない。秋が近づいてることを感じました。これなら、タオルなしでも行けそう。

立花山山頂に到着。
数人、頂上にいらっしゃいました、その中で楽しそうに話してる女性二人と男性一人のグループ。
男性の顔に見覚えが。
以前、阿蘇の中岳にご一緒させていただいたTさんでした。
その時に、登山のイロハを色々と教えていただいた方で、その日名刺をいただいたのですが、なくしてしまい、連絡がとれずそれきりになってしまいました。
お声をかけると、私のことも覚えててくれて
山頂で「これからどうするの?」ということになり、松尾、白岳ならつれていってあげるよとのこと。
すかさずお願いしました。
 
このTさん、歩くのとても速いんです。
私に合わせてかなりゆっくり歩いてはくれてましたが、この松尾、白岳の縦走路。
初めて歩きましたが、かなり急勾配。写真をとる余裕は全くなし。
おかげで、あっという間につきました。
山にも詳しい方なので私の専属ガイド状態。
本当に贅沢な登山となりました。

下山後は、cafe花音でランチをご一緒させていただきました。
登山口に看板が設置してあるあのお店です。ボリュームたっぷりのランチは食べごたえアリでした。
(お店の方に宣伝しときますって言っちゃったので、ランチの写真をベストショットにしておきました)


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン