YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

初めての登山

さむ@ダンボーすき~さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:富士山に登ることを決めて2014年6月から登山を始めました。
    そして2014年8月28日、29日に富士山に登りました。

    富士山に登ってからも登山熱は冷めることなく続いているので、どうやらすっかり登山の魅力にはまったようです^^
    まだまだ素人ではありますがこれからもどんどん山に登っていこうと思いますので、私の登山記録も役に立てば幸いです。

    今はソロでやってますが、登山仲間も出来たらいいな〜と思ってます。

    登山以外は普段はカフェ巡りしてることが多いです。
    あとは漫画とか好きです(^∇^)

    どうぞ皆さんよろしくお願いします。

    ※2015年11月23日六甲全山縦走大会完走出来ました^^
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

須磨アルプス(鉢伏山・鉄拐山・栂尾山・横尾山・東山)

2014/07/10(木) 11:36

 更新

初めての登山

公開

活動情報

活動時期

2014/06/15(日) 07:52

2014/06/15(日) 09:50

アクセス:471人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,937m / 累積標高下り 2,027m
活動時間1:58
活動距離8.28km
高低差336m

写真

動画

道具リスト

文章

最初は多くの方が行かれてる縦走コースを考えてましたが、初心者でしかもソロということもあり今回は高取山だけの単独コースにしました。
登山装備としては、今回は登山靴のみ。
あとは比較的動きやすい普通の服とボディバックにスポーツドリンク500mlを2本いれて行きました。
今回は買って少し慣らしをしただけの登山靴の調子をみる意味合いが1番強かったです。

JR新長田駅で降車後記録スタート。
他の方の記録を参考にしながらまずは登山口まで街中を歩きます。
神戸は海からすぐ山になっている地形の関係上登山口に着く前から坂道が続きます。
街中を抜けると次は住宅街で、ネコを見つけたのでパシャリ。
その後もしばらく北へ進むと分かれ道がありますが、高取神社本道右と石碑が立ってるのでここは分かり易かったです。

引き続き地図を頼りに進むと、いつのまにか登山ルートの一つに入ってました。
本当は高神滝を見られるルートに行きたかったのですが、事前準備が足りず別のルートを登っていたようで今回は滝を見ることは出来ませんでした。

次回縦走ルートで再挑戦する時は高神滝も見に行こうと思います。

登山道に入ってからは道なりに進めば全く問題ありません。
ただし、綺麗に整備されているためコンクリートの道がほとんどで、また階段も多いためしっかり足を上げて登らなければならないため低い山ですが登りは結構きついです。
下りもコンクリートで地面が硬いこともあり足への衝撃は結構あるので靴だけはしっかりしたクッションのあるものを履いたほうが良いと思います。

特に下山時に通った長田小学校前バス停の方面のルートは延々階段が続きますので、登りでここを選ぶとかなりしんどいと思います。

山頂には高取神社があり、中に入ってさらに上の階段を登った所に山頂の石碑があります。
でも縦走が目的の人は高取神社に入って上までは登らずに、縦走ルートにそのまま行く人も多いようですれ違ったり後ろから登ってきてた人達の人数のわりには頂上には人はいませんでした。

今日私が通ったルートは、近所の人が散歩しに来たりもしてるくらいの山なので、正直登山装備はなくても登れます。

ただ上記にも書いた通り、整備されてるがゆえにコンクリートで舗装されてる所が多いので膝や足への負担を考えると登山靴じゃなかったとしてもそれなりにクッションのちゃんとした靴を履くことだけはした方が良いと思います。

茶屋が三箇所くらいあったので、飲み物を忘れても買えますから手軽に軽装で登山を始めるには良い山だと思います。
山の途中に卓球場があったのは少し驚きました(笑)

途中途中で見晴らしの良い場所もあるので、初めて登山を始める人がお試しで登るには良い山だと思います。

下山後に街に入った所で良さそうなコーヒーショップがあったので、次回行ってみようと思います。

反省点としては、登りのペース配分が全く出来なかったことですね。
シングルなので、自分のペースが早いのか遅いのかわからず普段普通に歩いてるペースであるいてたらすぐにしんどくなりました。
やはり登山はゆっくり登るのが鉄則みたいですね。

次回は意識してペースもみながら登山に挑戦しようと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン