YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

北穂高岳東稜ゴジラの背

元Climberさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:若い頃はヒマラヤ登頂経験もありますが、最近は年に一度の北アルプスと、東京近郊のハイキング程度です。メタボ防止にぼちぼち登ります。
  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:上級者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/08/19(水) 14:52

 更新

北穂高岳東稜ゴジラの背

公開

活動情報

活動時期

2015/08/16(日) 06:41

2015/08/16(日) 13:46

アクセス:488人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 839m / 累積標高下り 843m
活動時間7:05
活動距離3.53km
高低差805m
カロリー3637kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ロープワークができる方のみ登れるバリエーションルートですのでご注意下さい。
2年ぶりに東稜から北穂高岳に登って来ました。初心者を3人連れているので、積極的にロープを使用しました。相変わらずアプローチルンゼから東稜に乗るところが核心部に感じました。ここでロープを出す場合、フレンズやキャメロットを持って行かないとプロテクションが取れないので要注意です。東稜のいわゆる核心部は高度感はあるものの、基本的には歩ける岩稜です。初心者を連れて行く場合でも、2ピッチ程度ロープを固定し、ヌンチャクをかけて通過する程度で、きちんとした確保は行っていません。核心部の最後に20m程の岩場の下降があります。クライマーならフリーで下降できますが、女性や初心者の場合は懸垂下降もしくは確保したほうが良いと思います。(最上部の下降のスタンスが遠く、背が低いと届かない。身長175cmの私はロープ無しで下降できます。)
以下は行動時間の目安です。
涸沢-モレーン(ゴルジュの上) 1時間
モレーンから東稜のコルへ 1時間(東稜直下でロープで確保するとと1.5時間)
核心部通過 2時間(ロープ2p, 懸垂下降1p)
北穂へ 1時間
南稜の下降 1.5時間

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン