YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

北アルプスデビュー2/3

ゆっけさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2014年9月に登山デビュー。2016年2月に雪山デビュー。
    縦走、テント泊が大好きです‼️
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1987
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/08/17(月) 18:56

 更新

北アルプスデビュー2/3

公開

活動情報

活動時期

2015/08/16(日) 05:33

2015/08/16(日) 16:49

アクセス:309人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,647m / 累積標高下り 2,045m
活動時間11:16
活動距離11.04km
高低差899m

写真

動画

道具リスト

文章

夜にパラパラと雨が降り、翌日の天気が気になっていましたが、深夜には雲間から星も見え、翌日も天気に恵まれました☆天気が曇りに向かうとのことだったので、早めにスタート。(ヒュッテ西岳から槍ヶ岳までは、ハンズフリーがオススメです。)
西鎌尾根コースは、地図から危険度が高いと判断して、緊張感をキープして進みました。途中、長いハシゴやクサリもありましたが、登ってみると、よくある注意箇所、程度かなと思いました。ハシゴやクサリの経験があれば、決して難しいコースではないと思います。進むたびに槍ヶ岳が迫ってくるので、楽しみを維持しながら登れることが特徴ではないかと思います。今回は見ただけですが、殺生ヒュッテから槍ヶ岳山荘までの登りは本当に急で、自分は登りたくないと思いました。
槍ヶ岳山荘に着いたら、まずはTシャツを買います。この時期で、半袖のMがない物がありました。中ではヘルメットの貸し出しがされていましたが、人も多くなかったので、借りずに槍ヶ岳に登りました。
山頂の景色は!この景色を見れて幸せです!常念岳、穂高連峰、野口五郎岳、遠く立山や白馬岳まで見れました。
ふと小槍を見ると登っている人がいました。少し狭いですが、踊るスペースはあるようです(笑)
時間に余裕が出たので、このあとは奥穂高岳方面に進みました。昨日見ていた景色とはまた違う山々を見ながらの行程は、疲れを吹き飛ばします。
しかし、途中、南岳小屋までは良かったですが、そこで会ったおじさんに、「テント背負ってのキレットは危ない。ほぼ垂直な岩を登る。ここからはハンズフリーで。」と注意を受けました。このコースは下りも怖くゆっくりで、登りはきつく、精神的にかなり参りました。ビビリかもしれませんが、登山中に初めて死の恐怖を感じました。
北穂高岳までの道のりが長く険しく、精魂尽き果てるとはまさにこのことだと思いました。北穂高岳の小屋の方に聞いたところ、奥穂高岳まではここまでの道よりもさらに難易度があると聞き、涸沢行きを確定します。翌日が大雨だったので、この選択は正解でした。
涸沢のテント場は17時締め切りのようです。どの場所も全て石で、寝ていて痛かったです。水場はありました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン