YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

三頭山(レンゲショウマとブーティーエル)

ひのでやまさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:山歩きを元気のみなもとに・・・。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1950
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

大岳山・御岳山・御前山

2015/08/19(水) 15:52

 更新

三頭山(レンゲショウマとブーティーエル)

公開

活動情報

活動時期

2015/08/18(火) 09:49

2015/08/18(火) 13:59

アクセス:290人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 786m / 累積標高下り 772m
活動時間4:10
活動距離5.80km
高低差547m

写真

動画

道具リスト

文章

8月18日 晴れのち曇り

Wさんのアルプス行きが中止になり、近くて標高がある程度高く、歩行時間が少ない場所として三頭山(1531m)を選んだ。その理由は、標高が高いので少しは涼しそうなこと。また、今回は自分の山靴(ブーティーエル)のはき慣らしも兼ねていた。

Wさんの車で五日市を越えたところのコンビニで食糧などの買い出しをして、桧原村の都民の森の駐車場へ行く。平日のせいか、車も少ない。

準備をして鞘口峠へ向かう。舗装されているが急坂で結構疲れる。花の写真を撮りながらゆっくり進む。鞘口峠からは山路を進む。路は樹木に覆われて陽ざしを遮ってくれて暑くは無い。駐車場でさえ1000mほどあるのだから。

三頭山は名前の通り3つの峰からなる。東峰にはテラス付きの展望台と三角点がある。中央峰は標高がもっとも高いが質素。しかしテーブル、イスがある。西峰は少し広い山頂でイスがすこしある。西峰で少し休み、先に進む。すぐにムシカリ峠だが、少し先の避難小屋まで行く。ここで昼食。運が良いと富士山が見られるのだが、今回は残念。避難小屋の中の温度計を見たら、19℃だった。涼しいはずだ。

下山はムシカリ峠に戻って三頭大滝経由で、ゆっくりと、写真を撮りながら駐車場に戻った。この道は石で整備された路で、下りには注意が必要だ。登りに使ったほうが良い。

エル君の具合は、短い時間だったが、まったく問題なし。今後もよろしく。

コースタイム
駐車場発(9:55)鞘口峠(10:20)東峰(11:27)西峰(11:36~11:45)避難小屋(12:00~12:25)三頭大滝(13:12~13:17)駐車場(13:43)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン