YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雨の洗礼 立山

なかさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:山に向かうようになって今年5年目を迎えます。その中で山に行く目的が少しずつ変化している気がしています。ピークを目指すだけではなく、山の匂いを感じ、可憐な草花に出会い、木漏れ日の下から空を仰ぐことに、至福の喜びに感じます。加えて昨年は挑戦の年でした。八海山、西穂、谷川岳(西黒尾根から)、両神山(八丁尾根経由)など、今までの山域から世界が拡がった感があります。雪山にも🏔少しずつ入っております😅
    今年も元気に山に向かいたいと思います。
  • 活動エリア:群馬, 長野, 埼玉
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:秋田
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:
  • その他 その他

立山・黒部 観光地図

2015/08/18(火) 23:11

 更新
富山

雨の洗礼 立山

活動情報

活動時期

2015/08/18(火) 09:58

2015/08/18(火) 14:58

ブックマークに追加

アクセス

630人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間5時間0分
  • 活動距離活動距離5.60km
  • 高低差高低差585m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り710m / 704m
  • スタート09:58
  • 1時間39分
  • 一ノ越11:37 - 11:58 (21分)
  • -
  • 一ノ越山荘11:39 - 11:55 (16分)
  • 55分
  • 雄山12:50 - 13:21 (31分)
  • -
  • 雄山12:54 - 13:17 (23分)
  • 39分
  • 一ノ越13:56 - 14:09 (13分)
  • -
  • 一ノ越山荘13:58 - 14:07 (9分)
  • 51分
  • ゴール14:58
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

当初は唐松岳の翌日に立山に登る予定でしたが白馬で夕方から雨。それも強い。翌日は朝から雨。断念して、氷見と富山を散策し次の日を待ちました。最終日、晴れ?やったぁ・・山の予報では次第に晴れ傾向だったので、ホテルで朝食をいただいてから満を持して立山へ。途中の車中は暑いくらいの日差しではありましたが高い山には雲が・・いやぁな予感。立山駅からモノレール、高原バスを乗り継いでとりあえず室堂に着きました。曇ってはいるもののまぁこんなもので、結構結構・・しかし外に出たとたんに雨が・・なんとタイミングのいい雨・・立山自然保護センターでカッパに着替えしっかり身繕いをして散策だけでも・・とまずはミクリガ池に。遊歩道は整備され、お花等の自然はがっちり保護され、特別な場所という雰囲気が漂っていました。どこまでも続く石畳と時折あらわれる雪渓に快適な時間が・・途中から勾配が加わってきて少し息が上がるとほどなく一の越山荘。ここは多くの登山者で賑わっていました。小学生らしき団体さんも何組かいて地元に根付いている山であることを改めて実感。結局、時間差はあるものの一人の脱落者も出さずに彼らは雄山を登頂したようでした。(小学生の時、地元の山である鳥海山に登ったことが思い起こされました。私にとってそこは特別なところなので、やはりこの子達にとっても雄山は特別な場所になるのではないかな)
雄山を目の前にして(でも山頂は雲の中。時折風の流れで雲が動き、懸命に頂を目指し登っている人たちの姿を捉えることができたのですがこれが結構きつそうで・・)脚が痛くて痛み止めと湿布とサポーターを欠かせない主人に止める?としつこいくらい尋ねたのですが「行く」の一点張りで・・(ここで引き返していた人たちも結構いました)それぞれは自分のペースで登ることにして、いざトライ。
がれ場の後の肩を過ぎた辺りで下山してきた素敵なおば様がライチョウがすぐそこにいることを教えてくださいました。もたもたしていて写真には収められなかったことが残念。結局運は良かったということでしょうか。カッパの中は汗だくで陽がさすと暑いのに、時折ぶるっとするくらい寒くなる体感の変化を繰り返しながら、山頂到着。気高い山に息をのみました。主人を待って山頂社務所で子供たちにお守りを買い、あったかいココアをかわいらしい巫女さんにいれていただき、帰りのバスを気にしながら早めの下山です。
帰りの道も、遅れてくる主人を待ちながら写真をゆっくり撮り、雪の階段を作ってくださっているスタッフの方たちに感謝の念を抱きながら、快調に室堂まで戻って来れました。大汝山や別山にも登って雷鳥平に回るコースは次回にとっておきましょう。
すぐそこに聳えているであろう剱岳の姿も北アルプスの山並みも全く目にすることはできませんでしたが、素敵な景色と花たちに癒された山行きになりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン