YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

佐幌岳はガスが酷かった

やまけいさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:最近山歩き復活しました
    北摂の低山や六甲が主なところです
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

サホロリゾートスキー場

2015/08/22(土) 09:23

 更新

佐幌岳はガスが酷かった

公開

活動情報

活動時期

2015/08/22(土) 05:57

2015/08/22(土) 08:42

アクセス:247人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,026m / 累積標高下り 1,020m
活動時間2:45
活動距離9.02km
高低差661m

写真

動画

道具リスト

文章

昨日まで晴れていたのに今朝早朝はガスがひどく、山のすそのだけが辛うじて見える程度。登山道は前日にホテルで入手した地図があり又、スキーゲレンデを登るので迷うことはないはずだと安易に考える。ガスの為視界がより悪くなれば途中断念すればいいのだとラフに始めた。
標高より高山の趣が北海道らしい。スキー用のリフト沿いに直線的に登る。
道は地形図の破線で示されたルートとは明らかに異なる。ヤマップで軌跡をトレースしてもルートが合わないのが不安を煽る。
第二リフトを越えるとジクザク道。サホロゴンドラの終着まで行くとゲレンデに出るが明確な道は途切れる、がゴンドラの終着を右にみて左手のゲレンデを直線的に登ると3メーター位はあろう立看板に出くわす。この看板はテラス状の平坦地にあるがこのテラスのむこうに頂上までの細いが明確なルートがわかった。頂上までは歪な形の白樺林を十数分抜けると頂上であった。
頂上には巨石がゴロゴロしており樹木も少ないので眺望抜群のはずが視界がゼロであるのだけは残念だった。また晴れた日に挑戦したい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン