YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

槍・笠縦走 3/3日目 APC1.0

秀とろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年3月に相模原から神戸に引っ越してきました。

    小6の息子、小2の娘、妻と一緒に一家4人で登山をしています。

    息子が年長のとき、保育園の先生に勧められ、ほちゃほちゃだった息子の体力作りのため山登りを始めました。

    数年後、息子の腹筋が割れました。

    そして、その先生のお蔭で、「山登り」という家族みんなの趣味ができました。

    YAMAP地図のコースタイムと実際にかかった時間の比較の目安として
    APC値(Actual time Per Course time)(勝手に命名)を記録してます。

    定義:APC値=(実際にかかった休憩込みの時間)/(コースタイム)
    ※ただし、昼飯などの長い休憩はAPC値に含めてません。
    ※参考程度の数値です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ルート難易度感想例一覧(活動日記に書いたLvの照会用)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・私の個人的な感想なのであくまでご参考程度に。
    ・純粋な通過技術難易度で、迷いやすさや、気象の変わりやすさ等は考慮していません。
    ・無積雪期好天時。難易度は天候に寄って大きく変わる可能性があるのでご注意ください。
    ・Lv11をMAXに設定している訳ではありません。それより難しいのはまだ行ったことがないだけです。
    ・ご意見があればメッセージをください。

    Lv1 六甲山(兵庫)魚屋道、高尾山(東京)全ルート、木曽駒(長野)千畳敷カールから中岳経由

    Lv2 木曽駒(長野)中岳の巻道、至仏山(群馬)東面登山道

    Lv3 空木岳(長野)大地獄・小地獄、伯耆大山(鳥取)ユートピア、岩殿山(山梨)稚児落とし方面

    Lv4 六甲山(兵庫)芦屋地獄、六甲山(兵庫)AB懸ルート

    Lv5 宝剣岳(長野)北陵、槍ヶ岳(長野)槍の穂先、空木岳-桧尾岳間(長野)

    Lv6 宝剣岳(長野)南稜

    Lv7 六甲山(兵庫)西山谷、石鎚山(愛媛)三の鎖、試しの鎖

    Lv8 六甲山(兵庫)大月地獄、中俣、剱岳(富山)別山尾根、金峰山(山梨)五丈岩

    Lv9 六甲山(兵庫)A懸岩

    Lv10 鳳凰三山(山梨)オベリスク頂上岩

    Lv11  六甲山(兵庫)プロペラ岩

  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/08/31(月) 18:33

 更新

槍・笠縦走 3/3日目 APC1.0

公開

活動情報

活動時期

2015/08/29(土) 07:04

2015/08/29(土) 14:35

アクセス:312人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,602m / 累積標高下り 3,298m
活動時間7:31
活動距離13.02km
高低差1,896m
カロリー4321kcal

写真

動画

道具リスト

文章

この日は朝から雨でした。早く起きるモチベーションもなくなり5時半くらいに起床。山荘内でお湯を沸かしてカップラーメンの朝食。身支度をし、山荘に荷物をおいて笠ヶ岳山頂へ。雨のせいで頂上の展望はゼロでした。でも、雷鳥が見られたのは収穫です。

荷物を回収し、8時少し前に山荘発。私は便意を催し、10分遅れで3人を追いかけます。

30分ほどして、妻に追いついたものの、子供達の姿が見当たりません。何でも「速すぎて追いつけない」とのこと。これには驚きました。下の娘も今回の山行で急に成長したようです。

とはいえ、感心してばかりもいられません。子供だけで先に行きすぎるのは危険です。妻を追い抜いて、子供達を追いかけます。すると、5分もいかないうちに、抜戸岩の下にちょこんちょこんと座っているうちの子達が居ました。「5分以上待った」とぶーぶー言っています。

妻が追い付くのを待ち、再び出発。抜戸岳分岐で休憩しつつ、その後の下りで槍・穂高を背景に写真を沢山撮って時間を浪費しつつ、杓子平に着いたのが10時半過ぎ(笠ヶ岳山荘からのAPC1.0)。

ここでレインウェアを脱いだりしているうちに、20分以上も休憩してしまいました。

ここからは笠新道名物鬼の下りです。急な上に岩がごろごろしていて歩きにくい道です。ちなみに、この下りの途中、うちの家族は4者4様に転びました。

半分を過ぎたくらいのところで一度休憩。ここでもやはり妻が先に出発。5分後に子供達と3人で出発しましたが、小5の息子は母親を追いかけて1人駆け降りていきました…。

私は娘と2人でひたすら降ります。娘もさすがにペースが落ちてきます。

そして、あと5分くらいで林道というところで、なんとザックを置いた息子が駆け上がってきました。息子曰く、母親を追い抜いて林道まで行き、荷物を置いて母親を迎えに行き(やはり林道から5分くらいのところまで)、母親と一緒に林道まで降りた後、また私たちを迎えに来た、とのことです。

なぜ、まだそんな体力が…?
最近の息子は凄みを増してきました。
ほっぺたはもちもちなんですけどね。

最後は足早に林道を歩き、14:30頃新穂高登山指導センターに到着(杓子平からのAPC0.91)。

やっと長い山行が終わりました。
頑張ったぞ、子供達。

本日のAPC: 6:30/6:30=1.0(杓子平での長めの休憩が効いています)
昼飯 0分

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン