YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

「生駒の古道」探索・髪切峠~八大龍王~宝山寺~石切

ふぁんトントさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.2250
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:生駒山系を中心に低山徘徊を楽しんでいます。古道、廃道、鉄塔巡視路など人の少ないところを好む傾向があるようです。

    Facebookページ
    http://fb.me/2015juantonto
  • ユーザーID:142618
    性別:男性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:大阪, 奈良, 京都
    出身地:大阪
    経験年数:公開しない
    レベル:公開しない
  • その他 その他
生駒山・神津嶽・大原山

2017/12/24(日) 22:31

 更新
奈良, 大阪

「生駒の古道」探索・髪切峠~八大龍王~宝山寺~石切

活動情報

活動時期

2017/12/14(木) 08:56

2017/12/14(木) 15:11

ブックマークに追加

アクセス

705人

文章

暗峠から旧鶴林寺(八大龍王)・宝山寺を結ぶ古(いにしえ)の参道を歩いてきました。多くの方の尽力により幻となっていた古道が復活しています。中でも東生駒在住のM氏により、これまで見つからなかった道標や、道筋が発見されています。今回の山歩きは、それら成果の一部を訪ね歩く目的でした。

その1
暗峠・宝山寺参詣道

現在の信貴生駒スカイラインが建設される以前まで、普通に道として利用されていたと思われます。毎年様子が変わっており、人の手や足が入らなくなると、あっという間にヤブが呑み込んでしまうでしょう。しかし、ここ近年では最も歩きやすくなっていると思います。旧鶴林寺西之坊跡地を中心に見どころも多く残されています。

その2
八大龍王参詣道(辻子越参詣道)

辻子越参詣道は、大阪側の石切上之宮分岐を起点とし、生駒山系の最も高所を越える参道として古くから利用されました。今は興法寺などを訪問するハイキング道として整備されています。奈良県側は地すべりの影響で相当荒れていました。ここを通過できるように整備されたのもM氏の功績です。

この辻子越から分岐する形で、八大龍王(旧鶴林寺)への参道が通じていたようです。「五辻」の存在は以前から知られていましたが、倒木と草ヤブの向こう側に道が隠されており、その存在はほとんど忘れ去られていました。

※草深いところは刈り取っておられます。倒木が残っていますが、問題なく歩けます。昔の人の知恵が伝わる立派な参道でした。

その3
オマケ的ながら、辻子越の「六丁石」を発見しました。この道標は、「古道に残る信仰の道 宝山寺への道」(昭和62年発行)の巻末に写真付きで紹介されています。しかし、笹ヤブが覆いかぶさって隠れており、これまで何度も前を通っていながら見つかりませんでした。次に行くときは周囲の草刈りをしたいと思っています。

※過去の記録から

ヤマレコ
生駒山系・「峰の薬師・旧鶴林寺~暗峠宝山寺道~庄兵衛道探索」
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-379207.html

2013年12月5日に旧鶴林寺から暗峠を目指して歩いた時の記録です。当時の様子では、途中に低い鉄塔がありました。今はありません。

YAMAP
暗峠~宝山寺(宝山寺参詣道)の古道で藪化した区間を復活させました。
https://yamap.co.jp/activity/250748

2016年2月11日に道の整備をした際の活動日記です。この時と比べても様子は変わりました。道迷いポイントにはトラロープが設置されています。歩くなら今の内かも。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間15分
  • 活動距離活動距離12.66km
  • 高低差高低差583m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,408m / 1,256m
  • スタート08:56
  • 6時間15分
  • ゴール15:11

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン