YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

銀泉台.赤岳から層雲峡.黒岳

みっふぃーさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:職場の同僚に誘われ、始めた登山です。主に日帰り登山で道東の山に行ってますが、仕事の関係で異動になり、十勝方面にも活動範囲が広がりました。活動期間は5月〜2月で冬はスノーシューで行ける穏やかな低山に行きます。
    長男も登り初めて3年目、昨年下の子もデビュー。親としては、嬉しい限りです。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1972
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

大雪山系・旭岳・トムラウシ

2016/05/30(月) 23:59

 更新

銀泉台.赤岳から層雲峡.黒岳

公開

活動情報

活動時期

2015/08/29(土) 07:20

2015/08/29(土) 19:42

アクセス:215人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,117m / 累積標高下り 1,917m
活動時間12:22
活動距離17.93km
高低差1,507m

写真

動画

道具リスト

文章

大人3人、小6の息子の4人で層雲峡朝6時発、銀泉台行き(片道約1時間)料金900円に乗り銀泉台〜赤岳〜小泉岳〜白雲岳✖️〜北海岳〜黒岳石室〜黒岳〜リフト〜ロープウェイ 全休憩含め約半日、我々にとってはかなりハードな工程となった。

今回は朝6時発のバスに乗るので、余裕を見て前日入りし、息子と2人で車中泊(無料の立体駐車場で)した。
天気は終日曇りの予定。でしたが、銀泉台に向かい標高が上がるにつれ青空が。雲一つない晴天。しかも下は、一面雲海。今日来て良かった〜。最高の景色である。
紅葉シーズンの前でもあり、混んでもなく絶好の登山日和となった。
天気が良すぎて暑いくらい。適度に休憩を取り、順調に赤岳頂上。昼食にはちょっと早く、次の小泉岳へ。写真を撮り、白雲岳の下の分岐点で昼食。見ると殆どの人達は白雲岳へ向かっていたが、我々は今回白雲岳をパスして次の北海岳へ。途中から雲行きが
怪しくなって、ガスったり、晴れたり。無事北海岳の頂上。すり鉢状のお鉢もハッキリ見えたが、子供が頭痛を訴え、横になってしばらく大休憩。
調子も良くなり石室を目指す。大人の体力がなくなりつつありペースがガクンと落ち石室に3時30くらいに着き石室でまた大休憩。
4時ころリフトの時間を確認。見る所を間違い最終6時と思いきや、5時30。コースタイムでリフトまで70分。すでに4時10分、残り80分。今の我々の体力で間に合うか?二手に分かれ、子供と2人で急いでリフト乗り場まで。なんとか5時30分ギリギリに乗ることができた。ロープウェイに乗り下山することができました。危なく石室に泊まるはめになるところでした。かなりハードな工程でしたが、子供はへっちゃらな感じで、疲れを知らないのかなぁ〜。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン