YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

常念岳から蝶ケ岳トレラン

はまださん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:トレランや登山、MTBやスノーボードと山が大好きで、天気の良い休日にはほとんど山にこもっています。
  • 活動エリア:神奈川, 東京, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/09/01(火) 10:45

 更新

常念岳から蝶ケ岳トレラン

公開

活動情報

活動時期

2015/09/01(火) 06:37

2015/09/01(火) 10:22

アクセス:133人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,190m / 累積標高下り 1,190m
活動時間3:45
活動距離8.07km
高低差1,107m
カロリー2657kcal

写真

動画

道具リスト

文章

常念岳を登って蝶ケ岳を巡って走るコースを企画。
当日あいにくの天気だったが、出発時は全く雨が降っていなかったのでレインウェアーを用意して出発。
三俣の駐車場で、気温が14度ほどで肌寒い感じだったが、登り始めるとTシャツでも汗だくに。
雨続きで、路面はあまりいい状態ではないが、水たまりになるほどでもなく登りやすいが、雲の中にいる感じで幻想的な登り始め。
最初の起点まで標準タイム3時間半と書いてあるところを、1時間半で登る。
しかし、ここで雨が本格的に降り始めてきたので、レインウェアーを着る。
この後樹林帯を抜けると、さすがに吹きっさらしで強風の風雨の中素手での岩登りで感覚がなくなってきた。
感覚気温は氷点下だ。
前常念岳は雲の中で風雨が強すぎるため一つ目のピークの登頂を目前に撤退を決断。
仕方なくくだりを満喫。
さすがに全く人と会うことなく無事下山完了、猿はたくさんいましたが。
気候に恵まれず非常に悔しい山行きになりましたが、十分北アルプスの魅力を満喫できる旅になりました。
何と言っても三俣を起点にすると、温泉があるのがいい。
下山が早かったので帰路にそばを堪能して帰ってきました。
早くも一部色つき始めている木もあって、足早に秋の気配を感じ始めました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン