YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大山~秋雨の晴れ間に

マンディさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

大山(鳥取県)・甲ヶ山・野田ヶ山

2015/09/04(金) 18:40

 更新

大山~秋雨の晴れ間に

公開

活動情報

活動時期

2015/09/02(水) 08:15

2015/09/02(水) 14:51

アクセス:221人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間36分
  • 活動距離活動距離8.12km
  • 高低差高低差957m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,574m / 1,578m
  • スタート08:15
  • 1時間42分
  • 六合目避難小屋09:57 - 10:14 (17分)
  • 1時間16分
  • 頂上小屋11:30 - 11:36 (6分)
  • 26分
  • 頂上小屋12:02 - 12:05 (3分)
  • 46分
  • 六合目避難小屋12:51 - 13:03 (12分)
  • 1時間48分
  • ゴール14:51
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

せっかく山陰に来たのに、登れずに帰ることになるかと思っていたが、どうにか1日晴れの日があり、登ることができた。

南光河原駐車場-夏山登山道-山頂-行者分かれ-元谷-大神山神社奥宮-駐車場

駐車場には、車は10数台。やはり9月になったからだろうか。

大山は、ちょっと長丁場だが、初心者向き、迷う所もないと訊いていた上、南北方向によって色々な顔を見せてくれるとというので、一度は登ってみたい山と思っていた。
標識は、しっかりとしていたが、7合目あたりから落石注意の看板が多くなった。

キツくなるのもこのあたりからだったが、驚いたことに、ソロの人がとても多く朝飯前ならぬ、昼飯前登山?かな、皆さん軽々登り、またあっという間に降りて来られていたのには、感心した。大山登山慣れかな?

こちらは、どうにか昼前には弥山山頂に着いたが、やはりガスが上がってきて、剣ヶ峰方向は見えなかった。

下り、行者分かれから元谷は、ブナ林の中の木道を快適に歩けた。元谷では、一瞬霧が薄くなり、荒々しくダイナミックな南壁を見ることができた。
間抜けなことに、北側からの優美な大山の姿を撮り忘れた・・・・。残念!!

トイレは、駐車場、山頂避難小屋、大神山神社奥宮 にある。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン