YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

【2日目】最高の「剱岳」から雷鳥沢キャンプ場まで

依彩雄 (塚ちゃん)さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:山登りと磯釣りが大好きなおじさんです。
    近畿を中心に出没しております。
    時代に流され「ブログ」なるものを始めることとなり、
    それに伴い、改名させて頂くこととなりました。
    ブログURL:
    http://af-isao.seesaa.net/
    お付き合いお願い致します。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

立山

2015/09/05(土) 13:26

 更新

【2日目】最高の「剱岳」から雷鳥沢キャンプ場まで

公開

活動情報

活動時期

2015/09/05(土) 04:01

2015/09/05(土) 13:26

アクセス:671人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,195m / 累積標高下り 2,462m
活動時間9:25
活動距離11.76km
高低差757m

写真

動画

道具リスト

文章

【二日目】
夜中まで激しく雨がテントのフライシートを叩き、その後雨から風に変わり大きくテントが揺れる状態が続いたが3時半に起きるとすっかりおさまっていました。
慌てて食事を済ませ、4時に剣沢キャンプ場を剣山荘に向け出発。
途中、ヘッデンの電池が無くなり剣山荘までの道程でかなりの時間を無駄にしてしまった。
剣山荘で電池を購入し、4時50分頃にいよいよ劔岳ヘ向け再出発。
一服劔に着く頃にはすっかり明るくなり、正面には双耳峰で有名な鹿島槍ヶ岳がはっきりと見えています。

数年前に鹿島槍ヶ岳から劔岳を眺めたのを思い出しました。
あの時は2日目が雨だったなぁ。
そう言えば、昨年も初日が雨だった・・・。

劔岳へのルートはクサリ場とザレた足場が多く神経を使いますが慎重に進めばそれほど難しくはありませんでした。
有名な「カニのたてばい」はクサリと足場がしっかりとありますし、降りの難所「カニのよこばい」も足の置き場に赤のマーキングがしてあるので心配するほどのこともありませんでした。

「カニのたてばい」を過ぎて少し登ると山頂に到着します。
殆ど雲もなく、遠くに富士山まで見渡せる絶好の登山日より。
昨日の天気がウソのような感じです。
山頂で暫く景色を堪能し、他の登山客も増えてきたので後ろ髪を引かれる思いで剱沢キャンプ場ヘ向け出発。
降りで気をつけるのは、ザレたところで落石させないようにすることでした。
万一、自分が落石を起こして他の方に怪我でもさせてしまえば大変なことになってしまいますので集中力を切らないよう精神的な踏ん張りが必要でした。
体力的にはほとんど空身なので若干余裕がありましたが、出発前は急いでいた為、行動食を持たずにきてしまっていて空腹との闘いでした。
しっかり準備したはずが...なんと言う失態。
急いで剣沢小屋まで戻り焼きそばとビールで祝盃としホッと一息です。
その後、テン場へ戻り、テントを撤収して、雷鳥沢キャンプ場へ出発。
雷鳥沢キャンプ場へは、剱御前小舎を経由し雷鳥沢を降ります。
雷鳥沢キャンプ場のすぐ近くには「雷鳥沢ヒュッテ」などがあり、温泉に入ることもできるのでテントを立てた後にゆっくり汗をあがさせて頂きました。
またこの日は、立山フェスティバルという催しがあり、キャンプ場はカラフルなテントと人がイッパイ!
嫌な予感は的中で結構夜遅くまで談笑している声が周りに響き渡っていました。
翌日も朝早いのになぁ・・・。
翌日の「大日三山」はどうなった?

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン