YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

火打山へ、天狗の庭にて逆さ火打

たこさんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:高校の山岳部出身です。
    飯豊連峰の縦走を再び夢見る日帰りハイカーです(^^)
  • 活動エリア:新潟
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:
  • その他 その他

妙高山・火打山・藤巻山

2015/09/06(日) 13:20

 更新

火打山へ、天狗の庭にて逆さ火打

公開

活動情報

活動時期

2015/09/05(土) 05:01

2015/09/05(土) 14:40

アクセス:436人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,844m / 累積標高下り 2,840m
活動時間9:39
活動距離18.63km
高低差1,183m
カロリー7396kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今回は山岳部時代の仲間と三人で笹ヶ峰より火打山へ。皆の予定が合うのがこの日だけだった為紅葉には早く中途半端ではありますが、まずまずの天候。登山口で標高1300mあるので朝は寒いです。
スタートから黒沢までほぼ緩やかな上りで木道を進みます。黒沢を過ぎると本格的な登山道となり程なくして十二曲がりにたどりつきます。ご丁寧に12分の1~12分の12まで標識がありますし木階段で整備されているので難なく登れます。
火打山はここが前半のハイライト的にいわれていますが、十二曲がりはあっという間に終わります。本番はその後…巨岩の急登やらが富士見平手前まで続きます。
富士見平以降高谷池ヒュッテまでなだらかな道を進んでいきます。途中北アルプスが見え、美しい火打山の姿が。水蒸気を噴く焼山もよく見えます。ヒュッテ前のベンチで軽くエナジーチャージをし山頂を目指します。
程なくして天狗の庭へ、私がどうしても見たかった天狗の庭です。天狗がいても驚きません、それ程美しい所です。さあ、逆さ火打はどうなのよ!でしたが、少し風がありましたが池塘にはなんとか逆さ火打の姿が映ります。完璧ではありませんが、初めて来てここまで見れたのはラッキーです。

天狗の庭を過ぎると山頂までほぼ急登です。まあ長いです。このあたりから山全体にガスがかかりはじめ、展望も悪くなっていきました。山頂からは周りは雲の中でお隣の妙高山、焼山も残念ながらみえませんでした。今日はソロではないので山頂でゆっくりして下山。長~い登山道を下りきった時には足がガタガタでした。

前日の雨により登山道は所々ぬかるんでおり、歩きにくい部分も多かったです。長い上りを経て長い下山となりますが、木道が多く歩きやすい反面、雨中や雨後は滑りやすくなると思われます。また岩の上を渡るような箇所もあるため濡れている時は慎重に行かねばならないと思いますので、悪天候時は下りも時間がかかるはずです。日帰りピストンの場合は時間的な注意が必要ですね。それ以外はとても歩きやすい登山道です。この山の上りは十二曲がりから富士見平手前と天狗の庭を過ぎてから山頂までが急登になりますが、それ以外は緩やかな上りです。片道9キロありますので長丁場になります。日が短くなるこれか早立ちした方がいいでしょう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン