YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大源太山 (弥助尾根⇒山頂⇒七つ小屋山⇒謙信 ゆかりの道周回コース)

boks さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2015/09/06(日) 04:39

 更新

大源太山 (弥助尾根⇒山頂⇒七つ小屋山⇒謙信 ゆかりの道周回コース)

公開

活動情報

活動時期

2015/09/05(土) 07:02

2015/09/05(土) 12:44

アクセス:102人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,188m / 累積標高下り 2,173m
活動時間5:42
活動距離10.37km
高低差954m

写真

動画

道具リスト

文章

当日、荒沢岳へ向かったがあいにくの小雨模様。これは危険と判断し急遽、前から興味のあった上越のマッターホルンへ向かう!
最初は緩やかな道を進みやがて大きめな渡渉し梯子を登り二度目の渡渉を過ぎるといよいよ急登が始まります。この急登、ほぼ直登です。ところどころトラロープがぶら下がっている名前の通り真っ直ぐな男らしい登りが尾根まで続きます。
涼しいながらも汗だくになりながら山頂に到着しましたが雲が多くて眺望はイマイチ。しばしの休息、栄養補給の後に急峻なマッターホルンを鎖と戯れながらゆっくり降りて七つ小屋へ向かう稜線を歩きます。この稜線、蓬峠の分岐まで続きますがミニ湿原があったりして眺望は最高。ピストンでは味わえない感動が。。。是非とも周回コースで臨むべし!
蓬峠との分岐を右に曲がり謙信ゆかりの道へ進みシシゴヤノ頭からはジグザグの下りが延々と続きますが、かなり下がったところに地図にも載っていなかった水場を発見。水量豊富で美味しく頂きました。やがて弥助尾根との分岐を経て下山です。

参考コースタイム
登山口7:10 山頂9:08/9:30 七つ小屋山10:22/10:25 シシゴヤノ頭11:32/11:36 登山口12:47

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン