YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

中高年のカナダ留学記6 ウィスラーで夏ハイキング

いちさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

ウィスラー(ブリティッシュコロンビア州)

2015/09/09(水) 14:52

 更新

中高年のカナダ留学記6 ウィスラーで夏ハイキング

公開

活動情報

活動時期

2015/09/05(土) 09:51

2015/09/05(土) 15:08

アクセス:354人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,671m / 累積標高下り 471m
活動時間5:17
活動距離8.81km
高低差1,404m

写真

動画

道具リスト

文章

カナダのBC州のビクトリアでの留学生活も残り少なくなってきました。カナダの連休日の2015/9/4-9-7にウィスラーへ三泊の旅行に行ってきました。ビクトリア→市バスでスワーツベイのフェリーターミナルへ→BCフェリーでツワッサンでバンクーバー側へ→市バスと無人運転の電車のカナダラインとスカイラインを乗り継ぎバンクーバーのダウンタウンへ→パシフィックセントラル駅のバスディーポまで→Greyhound社のバスでウィスラーへ2時間30分かけて移動。ビクトリア→ウイスラーまで朝早くAM7:00からホームステイ先を出発してウィスラーに到着したのは午後五時でした。乗車時間は5時間ほどですが、なにせツアー旅行でなく一般市民とおなじチープな交通手段で行ったものですから連絡が悪く、ウィスラー行きのバスを3時間も待ったりと大変でした。
やっとウィスラーに到着し、JTBのウィスラー支店Jステーションウィスラーに行き、ハイキングの説明とウィスラーの街を説明してもらう。その後、宿泊先のクリスタルロッジに行く。街並みを散策しながら夕食をレストランで済ませて就寝。翌日のハイキングに備えました。
翌日は、ハーフ・ノートと呼ばれるトレイルへ行きました。朝9:45にガイドさんと待ち合わせ。ウィスラーのゴンドラ・リフトは、1回券などなく1日観光券として5700円で販売されている。高いが、後で値段相応だと納得する。とにかく規模が大きいです。ウィスラービッレジゴンドラに乗ってまず山頂付近まで上がる。所要時間は何とも30分もかかります。ゴンドラが遅いわけでなく距離が長いです。ゴンドラ終着駅(標高1800m)に着くと、息を呑むほどの大パノラマが広がっていまいた。氷河をいだく峰々と青い空や眼下にあるウィスラーの湖。思わず「Awsome!(素晴らしい)」と叫んでしまいました。ここにはラウンドハウスロッジというカフェがあり雄大な景色を眺めながらのBBQが食べられます。その後、ウィスラー山頂にいくリフトの"ピークチェア"に乗り継ぐため、10分ほど下っていきます。ピークチェアに乗り継ぎ山頂へ。このリフトの高さが半端でなく岩場の絶壁を超えていきますのでスリリング感を味わえます。8分ほどでウィスラー山頂に到着。標高は2182m。ここでも絶景が。360度氷河を抱く山々に囲まれています。正面には、ウィスラーの象徴である、先が尖ったブラックタスクがあります。ハーフノートのトレイルへはこのブラックタスクの山を眺めながら進んでいきます。ウィスラー山頂からのスタートなので、当初は岩場を下っていき、途中南斜面をトラバースしながらエメラルドグリーンに輝く氷河湖のチャカムスレイクを横に眺めながら進み、今度は登り返してシンフォニーゾーンという赤茶けた岩場にいき、さらに車が通れるほどの広い道を下って行ってゴンドラ終着駅に戻ってくるというハイキング。距離7.5km所要時間4-5時間ほどです。危険個所はなく幼稚園の子供でも歩いていました。景色はとても素晴らしいトレイルでチャカムスレイクを眺めながらランチを食べて日だまりのなかにいると「今、天国にいるんじゃないのか。」と思うほどでした。
翌日もゴンドラ終着駅までゴンドラを登りハーモニーレイクのトレイルを楽しみました。これも素晴らしいトレイルで写真ポイントがありすぎて困ってしまうほどでした。ただ、ガイド本では、一周3.5Km所要時間1時間30分ほど書かれてあったので起伏がなくほぼ平坦な観光道だろうと思っていたのですが、急な岩場ののぼりがあったり急登があったりと、結構きつく、普通のハイキングになってました。
とにかく夏のウィスラーは素晴らしかったです。日本ではカナディアンロッキーが有名ですが、ゴンドラに乗って2000mを超えて山頂から雄大な景色を眺めることができるのは、カナダではここしかないのではと思います。とても楽しい思い出になりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン