YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

20150906 北八ヶ岳 大岳周辺の岩場はなめたらアカン。

てっちゃんさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:2014年夏から始めた登山も、まもなくまる2年になります。
    北アルプス、岐阜県内の低山、鈴鹿セブンなど、近所の山をいくつか経験できました。

    山をナメてはいけない。睡眠不足をナメてはいけない。車酔いはどうやっても治らない。
    私は、午後にならないと本気が出ないのだと、よく自覚しておくこと。
    荷物は必要最小限。要・不要の見極めが多少出来るようになりました。


    今年も、白山と、西穂高に行きたい。そして、御在所の岩を登ってみたい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

八ヶ岳

2015/09/06(日) 13:29

 更新

20150906 北八ヶ岳 大岳周辺の岩場はなめたらアカン。

公開

活動情報

活動時期

2015/09/06(日) 04:59

2015/09/06(日) 13:30

アクセス:220人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,351m / 累積標高下り 2,482m
活動時間8:31
活動距離15.66km
高低差718m

写真

動画

道具リスト

文章

今日のミッションは

*ロープウェイ始発前の あさ4時から登り開始
*お池めぐり一周
*正午すぎには下山完了

4:40 ロープウェイ乗り場よこの登山道から、登り始めました。
日の出前なので、ヘッドライトを装備して、足元を見ながら登ります。

ロープウェイのケーブルのほぼ真下を登っていきます。
ロープウェイの山頂駅までは、特に難所もなく、きつくもなく、
山装備なしでも、何とか登れると思えます。

6:10 ロープウェイ山頂駅に到着。
駅は閉鎖されています。山頂駅周辺は、我々以外は無人。
曇ってますが、周りの山々や雲海など、展望が開けて楽しめました。
そして、無音。鳥や虫よりも早起きをして登っていたようです。

引き続きYAMAPをたよって、北横岳を目指します。
ロープウェイ山頂駅→坪庭→北横岳ヒュッテ→北峰→南峰までは、難所もなく楽しい登山でした。

どこかで分岐を見落としていたらしく、
目標の亀甲池ではなく、大岳方面のルートを進んでしまいました。

しばらくして、登山道が岩場に変わりました。
地図を確認しても、大岳まではほぼ標高が変わらず、距離も遠回りでないようにみえていました。
そのまま進んで、大岳のピークと、天狗の露路を目指します。

大岳周辺は、路ではなくて、大きな岩の上をずっとピョンピョン渡っていく感じです。
そして、岩登りと岩下りを繰り返す、水平移動の岩場で消耗してしまいました。
高度も時間も稼げません。
この岩場は、いつ終わるんだろうと、辟易としてしまいました。

寝不足と、高高度がたたったのでしょう。
フラフラでバランスが取れず、ヒジ・ヒザを岩にぶつけたり、
石の踏み外しなどを多発させてました。

打ち所が悪かったら、打撲ではなく、
鎖骨や肋骨ぐらいは、折っていたかもしれません。

意識がぼーっとしながら、岩の「○」と「矢印」のペンキ跡をみながら
ほぼ無心で進みました。

10:10 双子池ヒュッテに到着。
景色を愛でる元気がほぼなくなり、写真を撮る元気も無くなってました。

小休憩をとり、OS-1を摂取しましたが、
このころから、食欲がなくなり、水分も行動食も食べたくなくなりました。

ときおり、雨粒が落ちてきて、天候が悪化しそうなため、先を急ぎました。
もう、水平歩きが辛うじてできるだけの元気しかありませんでした。

食欲がないので、3分間隔で無理やり、
スポーツドリンクを少し飲みつつ、歩きました。

ヒュッテの方に教えていただいた、雨池への近道を通りました。
看板が設置してあり、近道はわかりやすく迷わないと思います。
林間を登り返します。

雨池に到着し、小休憩。大きくきれいな池でした。
天気と体調が良ければ、ここではしゃいで楽しむんですが、
そんな余裕なく、ベンチで横になって、仮眠を取りたいと思うばかり。

天候が悪化する前に、ロープウェイに乗ろうと思い、先を急ぎます。
この先はまた、岩場ののぼり返し。
フラフラで、辛うじて登っていくのがやっとでした。

登り切ってからは、整備された木の板の道を水平歩き。
縞枯山荘を足早に通過して、ロープウェイ乗り場へ。

13:00発のロープウェイで下山しました。

山頂は曇りだったのに、下りるにつれて、濃霧→雨→大雨と変ります。
いつもの登山だと、山頂ガスガス→下山後 晴れのパターンが多かったので、大変意外でした。

駐車場は大雨。大垣までの帰りは、終始大雨に見舞われました。


きょうの教訓

*行動食には甘くない、たんぱく源も持っていくこと。
*軽量化を図ること。
*前日はできるだけ寝ること。
*やばいと思ったら、道中でたっぷり休憩をとること。
*岩場は好きだけど、なんで、今日だけ、岩場で辟易としたのだろうか??

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン