YAMAP

あたらしい山をつくろう。

ゲストさん

ホーム

高城山で初日の出撃沈

ねこバスさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:小学校低学年の頃にばあちゃんと近くの里山に松茸取りに行ってました。
    その後お山にはすっかり縁がなくなる。

    2014.9 それから40年近くたって、馬鹿にしていた山登りに誘われて行ったお山に魔法をかけられる。

    それ以来、アルコール中毒者のごとく山コール中毒になり、シューイチでお山に行かないと頭がおかしくなりそうになる。

    今まで見向きもしなかった自然の営みに感動するようになり、静まり返った山中で聞こえてくる小鳥のさえずりに癒される。

    中でも好きなのはツツドリである。
    尾行するかのごとく、つかず離れず付きまとわれると嬉しくなる (^^;;

    あの鳴き声は面白すぎる。

    最近、髪の毛が淋しくなりはじめ、カヤハゲ、サガリハゲ、落ハゲに親近感がわくように (^^;;

    ハゲ百名山を執筆しようか思案中 _〆ヾ( ̄(エ) ̄

    2014.11.1 うかつにも最終コンビニをスルーしてしまい、ファガスの森でブンコさんにオニギリを作ってもらい一命を取り留める。

    2014.11.3 石堂神社からの矢筈の下りで迷子になり泣きそうになる "(/へ\*)"))ウゥ、ヒック
    笹に濡れて膝から下がずぶ濡れになる。
    Gパンは論外だと悟る&ゲイターとゆう水濡れ防止のパーツがあることを知る。

    2015.1 真冬でも長距離山行の後は、体重が3㎏減ることを知る。
    翌日には元通りになることも知る。

    2015.1 踏み抜いた数だけテンションが下がることを知る。

    2015.1.31 真冬の阿波のマッターホルンの山頂直下ではじめて生命の危険を感じる(もちろん撤退)。
    そんなときは嫁の顔は一瞬も浮かばず、娘の顔が浮かぶことを知る。

    2015.2.15 ゴムチェーンデビューの寒風山道中で、電気アンマの連続攻撃を受け、タイヤチェーンの醍醐味を味わう。

    2015.2.28 牛の背にて、夏でもないのに日焼けするとゆう摩訶不思議な雪焼けを経験する。

    2015.3.8 誰もいない山中でシリセードデビューを果たす。
    しかし、斜度と加速度の方程式を考えていなかったため、痛い目に遭う。

    2015.6 ミッフィちゃんのクーラーボックスを買う。

    2015.8.29 師匠と出会う。

    2015.11.21 天狗塚直下でsin-kazamaにシカトされ、岩で向こう脛を強打して肉がえぐれる。

    2015.12.13 トランゴ履いたら自分が上手くなった気になるとベースキャンプのオッサンに騙されたことに気づく&師匠のお供をする。

    2015.12.20 iPhoneをボットンに落として痛い目に遭う。

    2015.12.23 ライトニングアッセントデビューのハズが3日前の大雪がなくなってただのお荷物になる。
    結局デビュー果たせず雪山が去っていく&せっかく買った4駆のよさを試すことなく暖冬が終わる。

    2016.2.11 愛するsinと東赤石山で結ばれる。

    2016.4.16 愛するsinを裏切り、バッくんと西熊山北東尾根で背徳する。

    2016.5.14 雲早山⇆高丸山縦走路でエントツ山さんと出会う。


    なかなか花三昧の山に恵まれず、モヤモヤしているが、いつかお花畑でsinと手をつないでスキップして、お花占いしてお花のティアラ作ってハイジの世界を満喫したい。゜゜ヾ(*>∇<)ノシ
  • ユーザーID:243536
    性別:男性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:徳島, 香川, 愛媛
    出身地:
    経験年数:5年未満
    レベル:公開しない
  • その他 その他
雲早山・高丸山

2018/01/01(月) 21:26

 更新
徳島

高城山で初日の出撃沈

活動情報

活動時期

2018/01/01(月) 00:56

2018/01/01(月) 10:28

ブックマークに追加

アクセス

691人

文章

待ちに待った高城山の初日の出。

11月に高城山で知り合ったカメラマンの方とご一緒することに。

南つるぎをこよなく愛す方。

http://www.m5tworks.com/

当初はおおつく谷くんから登る予定だったが、30日に偵察に行ったMさんから林道木屋平木沢線の木沢側ゲートまで行けるとの連絡アリ。

今日は湿度も高くて風が強くてガスもかかるだろうからビッシリ霧氷が見られるだろうとおっしゃる。

オマケに満月に近いお月さまパワーでムーンライト霧氷まで見られそうだと。

1週間であれほどてんこ盛りだった雪がそんなに減っているんだろうか?

天気がいい日があったとは言え、にわかには信じられない。

しかし雪は物の見事に減っていた。

強風の極寒に備えてタイツを買って、ファイントラックのメッシュとメリノスピン5本指も買った。

貼るカイロをポンポンと首の下にも貼った。

ゲイターも装着だ。

真冬でもかぶらない帽子もかぶって、ネックウォーマーもやった。

手袋は厳冬期仕様。

ダウンの上にトレントシェルも着た。

カイチョーカイチョー!
強風で氷点下5℃以下なのに寒さを微塵も感じない。

睡眠時間4時間弱で夜道はやっぱりしんどかった。

西尾根にビッシリのブナの霧氷!
ムーライト霧氷!

えっ?霧氷が......
ついてない?

まさか......

そんな......

上は間違いないだろう。

月明かりにオッサン2人照らされて、ヘッデンなくても歩けるレベルだった。

お月さま恐るべし!

ところが、ヘッデン切れて、お月さま隠れてあら大変。

で、サンチョーにも霧氷が......
ない。

否、かすかについていた。

時間が有り余ってのらりくらり歩いた結果、
さっきまでのぬくぬくから一変して、凍死しそうになる。

氷点下10℃余裕だと思っていた手袋してるのに冷たい。

足も裸足みたい。

レーダードームのたもとで靴脱いでカイロをぶち込む。

あったかいコーヒーを淹れる。

あれれ?
これSOTOのウインドマスター無敵なハズなのにいつまでたっても沸かない。

知らなかった......

ガスが冷えていたらダメなんだということを......

靴にカイロ、ヘッデンの電池交換、沸かないコーヒーの世話をしている間にすべてのものが凍りついてしまった。

で、あれれ?
初日の出どこ?

えっ?ガスの帳が下りてきたぞ!

昨日ニュースで言ってたぞ!
瀬戸内海側はダメだけど太平洋側は初日の出拝めるって!

仕方ないあきらめるんだ。

そういつもいつも山の神様がお願いごとを聞いてくれるワケにはいかない。

こーゆーのあるからまた山に行って素晴らしいプレゼントいただけるんだ。

そうこうしてるうちに霧氷が発達していた。

数枚だけどNIKON cool pix P900 がいい仕事してくれた。

雪はかなり減っていて地肌晒しているところいっぱいだったけど、山頂直下はクラストしているもののズボズボ入るところ多数。

雪庇がかなり発達していた。

しかしカメラマンはやっぱり凄い。

体感温度氷点下10℃以下だというのに、じっくり腰を据えて撮影に夢中になれる。

左肩に38万乗っけて歩く後姿はカッコいい。

自分なんか両手両足全身足しても到底追いつかないわ。

旧年中はみなさまに大変お世話になりました。

稚拙な山行記録を見ていただき、コメントしていただきましてありがとうございます。

今年もまたお付き合いいただければ幸いです。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間9時間32分
  • 活動距離活動距離13.10km
  • 高低差高低差425m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り820m / 792m
  • スタート00:56
  • 19分
  • 川成峠01:15 - 01:22 (7分)
  • 3時間50分
  • 高城山05:12 - 05:43 (31分)
  • 2時間0分
  • 高城山07:43 - 07:54 (11分)
  • 2時間4分
  • 川成峠09:58 - 10:10 (12分)
  • 18分
  • ゴール10:28
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン