YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

9/6 白駒池周回~ニュウ

だいごさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:子供のときにどこかの山小屋から夜に起きて見た圧倒的な星空を、二十数年たった今、今度は子供たちと一緒に見るための準備を進めています。まずは日帰り登山を多くこなして、鈍った身体と山の感覚を鍛え上げていかないとw
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:
  • 経験年数:6ヶ月未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

八ヶ岳

2015/09/06(日) 14:59

 更新

9/6 白駒池周回~ニュウ

公開

活動情報

活動時期

2015/09/06(日) 10:00

2015/09/06(日) 14:53

アクセス:195人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,009m / 累積標高下り 1,024m
活動時間4:53
活動距離6.53km
高低差274m

写真

動画

道具リスト

文章

天気小雨なり。
北八の白駒池に行ってきました。

10:00発  白駒池近くの有料駐車場
10:15   白駒池周回路に入る。  
10:30   周回路からにゅうへの分岐路へ  
10:40   白駒湿原を望む
12:00   にゅう頂上着
12:20   下山開始
13:30   再び周回路へ
15:00着  途中お昼を食べ、駐車場へ戻る。

予報は雨だったので、ゆっくり周回しようかと遅めに家を出る。
到着してみたら雨はパラパラでしばらく持ちそうだったので、気になっていたにゅうへ。

池の周回路はとても整備されており、歩きやすく気持ちが良い。
前後に人がいない状態でふと立ち止まって息を止めると、何も音がしないことに気づく。
天候のせいなのか、何なのか。そのうちポツポツと葉に踊る雨音だけが耳に入ってくる。
最近の南八への山行では終始虫の羽音や鳥の鳴き声が聞こえたが、ここは別世界。
神聖さと神秘さを少し感じられた一瞬だった。
まぁ、とにかく原生林と苔と池が醸す雰囲気は極上で、贅沢な一時を味わえました。

にゅうへの登山路へ一歩踏み出すと、荒れに荒れた道で周回路とのギャップに苦しむ。
基本泥濘を歩く設定で、程なく進んでいくと大きな岩や木の根が加算される。
本日おろしたてのLOWAの登山靴が無残にも泥まみれで、これはこれで早くあるべき姿になってよかったと思うことにする。
苔と泥濘で滑りやすいなか、注意して登ってゆくと1.5時間ほどで山頂に着く。
登頂まで展望がなく、たどり着くと広大なパノラマが望める雰囲気は日向山に似ている。
こんな天気の中、運良く天狗岳が見えた。これだけで十分!

雨雲が天狗岳を覆ったところで、下山開始。1時間ほどで周回路へ戻る。
残りの周回路を楽しみ、途中の東屋でお昼を取り、駐車場へ戻りました。

周回だけでも小1時間あれば堪能できる白駒池。
池名に由来する悲恋な民話も調べて頂けると、その神秘さにより近づけるかもしれません。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン