YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

荒川岳~赤石岳縦走

ささやんさん YAMAP Meister Bronze

  • YAMAPマイスター:ブロンズ
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

荒川岳・悪沢岳(東岳)・前岳・中岳

2015/09/10(木) 22:35

 更新
静岡, 長野

荒川岳~赤石岳縦走

活動情報

活動時期

2015/09/07(月) 06:08

2015/09/07(月) 13:13

ブックマークに追加

アクセス

95人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間5分
  • 活動距離活動距離6.59km
  • 高低差高低差559m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,168m / 1,134m
  • スタート06:08
  • 2分
  • 千枚小屋06:10 - 06:13 (3分)
  • 42分
  • 千枚岳06:55 - 07:02 (7分)
  • 1時間20分
  • 悪沢岳08:22 - 08:49 (27分)
  • -
  • 東岳08:22 - 08:49 (27分)
  • -
  • 荒川東岳08:28 - 08:50 (22分)
  • -
  • 東岳08:28 - 08:50 (22分)
  • 52分
  • 荒川岳09:42 - 09:45 (3分)
  • 19分
  • 中岳10:04 - 10:06 (2分)
  • 2時間22分
  • 荒川小屋12:28 - 13:13 (45分)
  • -
  • ゴール13:13
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

7日朝6時に霧雨の中、千枚小屋を出発しました。
千枚岳から丸山へ向かう道は、かなりスリリングで、岩場のヤセ尾根で、ほぼ垂直に近い岩登り~下りがあり、岩が濡れていたこともあり本当に怖かった~

そのあたりから天候が回復し、後ろを振り返れば富士山が見えるようになり、テンションUP!
特に悪沢岳からの360度の大パノラマは最高でした。
その後は順調に歩を進め、途中コーヒーブレイクを取りながら、荒川小屋へと到着しました。
荒川小屋についてから気づいたんですが、何と!荒川三山の一角である「前岳」を登頂せずに降りてきてしまいました~
「しまった~!」
分岐がわかりにくかったのですが、今さら戻れないので仕方ない。

そして、次なる目標は「悪沢岳Tシャツ」を手に入れることでした。
しかし、先ほどのコーヒーブレイクしてるとき、抜かされて先にチェックインした若者たち六人のグループがTシャツを私の目の前で
「やった~やっと手に入った!」
と何枚も買いあさっているではないか~!
不安は的中!
Mサイズすべて売り切れ~
なんであんなとこで、優雅にコーヒーなんか飲んでたんだ?!
「しまった~」
後悔しても仕方ない。
気を取り直して着替えをしていると、小屋番さんから「展示してあるシャツがSサイズなんだけど、大き目だからいけるんじゃないかな~?よかったら体に合わせてみて~」と声をかけられ、合わせてみたらピッタリ!
「これください!」
即決し購入することができました~
しかも「展示品だから一割引いときますね~」と言ってくださり、また感動!

その夜あたりから急に台風が近づいているとの情報で天気がだんだん荒れ模様になってきました。
翌朝、六時に出発し、赤石岳を無事登頂し、ついでに赤石避難小屋へ寄ったところ昨日の六人グループとバッタリ再会。
小屋の奥様より「大学生にはポップコーンのサービスするよ~」とのお声をいただき、ちゃっかり私も混ざっていただくことができました。
またこの若者たちのおかげで、得をしてしまいました。
ありがとうございました。

ただ、ご主人の話で台風来てるから今日中に椹島まで下山したほうが良いということになり赤石小屋を飛ばして2000メートル一気に下りることを決断しました。
雨風もかなり強くなりましたが、なんとか午後4時40分に椹島にたどり着くことができました。
最後のほうは、完全に足が動かなくなり、足をひきづりながらの下山になり、トレーニング不足を痛感した旅となりました。

しかし、ぜひもう一度天気のいい日に訪れてみたい山になり、また新たな目標ができた気がします。

ちなみにスマホの電池不足のため最終日のログはありませんのであしからず。






コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン