YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鍋割山(塔の岳は断念)

minoryさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:ある観光地の一泊旅行で、土産物とグルメばっかりなことに飽きて、旅の荷物かついで江戸時代の石畳を10キロ近く下ったのをきっかけに、歩く楽しさに突然目覚めました。
    基本は日帰りで、友人4人くらいで声かけあって、あちこち登っては温泉andビールで楽しんでいます。
  • 活動エリア:東京, 神奈川
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1975
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2016/05/27(金) 07:41

 更新

鍋割山(塔の岳は断念)

公開

活動情報

活動時期

2015/08/02(日) 08:00

2015/08/02(日) 17:00

アクセス:54人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間9:00
活動距離0m
高低差0m
カロリー3380kcal

写真

動画

道具リスト

文章

丹沢系はアクセスもいいし、ちょっと足を伸ばす経験になれば、と企画しました。
とはいえ、夏はヤマビルがすごいと聞いて、服装も装備も万全に。

8:00に秦野駅集合し、大倉バス停から3人で登山開始。
鹿よけネットをくぐり抜け、川のせせらぎを聞きながらジグザグと登っているときはずいぶんとのどかで
沢の横でまったりしている方々を横目に見ながら歩を進めました。
のんきだったのはそこまでで、途中で尾根への分岐からの登りが、いきなり急傾斜です。
何度も水分補給に足を止めながら二俣分岐まで必死に登りました。
予定時刻はここでわりとオーバー。30分はオーバーしました。
分岐から鍋割山までの道が、綺麗に整った木の階段で、余計に歩きにくい。

鍋割山には1300前に到着しました。周囲は霧で景色は望めませんでした。
名物の鍋焼きうどんは、5分もしないうちに提供していただき堪能。

行きの登りで燃え尽きてしまったか、塔の岳まで行く気になれず断念。
そのまま金冷シから下山開始しました。
下りは階段か、大きな岩の坂道で、歩幅が整わず四苦八苦。
休もうと思っていたお茶屋さんは軒並み閉店していて、ヘロヘロになっちゃいました。
最後の観音茶屋の前のベンチでコーヒー沸かして休憩。

17:00すぎに大倉バス停に到着しました。
ここまで登った山の中では一番時間がかかったなという印象です。
次は秋に塔の岳リベンジを目指します。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン