YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

北海道②:高原温泉沼めぐり

ちゅうさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:丹沢がホームタウン。YAMAPに出会い還暦までハーフ百名山登頂(50座/100)を目標に登山再開したアラカンです。体力維持で里山ウォーキング日記等もアップしています。よろしかったらご覧になって下さい。
    高山植物勉強中♪( ´▽`)
    自然と写真と土木構造物が好きだ(*^^*)
  • 活動エリア:神奈川, 東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

大雪山系・旭岳・トムラウシ

2015/09/09(水) 01:22

 更新

北海道②:高原温泉沼めぐり

公開

活動情報

活動時期

2015/08/30(日) 07:05

2015/08/30(日) 11:37

アクセス:300人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 662m / 累積標高下り 683m
活動時間4:32
活動距離6.73km
高低差295m

写真

動画

道具リスト

文章

前日の黒岳でちょっと疲れたので、高原温泉の沼めぐりに行きました。
お宿を早出して、朝7時の開門に間に合うようにダート林道をひた走りました。ここでは、ひぐま情報センターでレクチャーを受け、レクチャールーム内から入山するルールになっていました。
監視員の方から、不運にもヒグマに出会ってしまった時の対処方法などを丁寧に教えて頂きました。絶対に背中を向けて逃げてはいけないとか・・・もうビビりまくりです。
また、コースの右まわり半分はヒグマ出没の頻度が多いため「閉鎖」になっていました。へっ?頻度が多いって??意味わからん。少々混乱しつつも出発。レクを受けたのは自分一人だけだったので、今コース上には自分だけ・・・草むらでガサガサ音がする度にビビりまくり2でした(笑)
大学沼で監視員の方がヒグマ観察をされていました。その時のお話では『ここ三日ほどヒグマの目撃はない。今はハイマツの実を食べに稜線上に移動している模様だ。』とのこと。なるほど~今は「高原沼にいない」わけね。さっきまでのビビりは何だったのでしょう。帰りはヒグマの呪縛から解放され、明るい東大雪の自然を満喫しました。
【危険個所】
コース上は特にありません。
ヒグマは動物なので、いつどこが安全で危険なのか分かりません。
食事場所などのローカルルールを守って、ヒグマの棲みかで遊ばせて頂きましょう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン