YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

山の色は何色?赤だけ!(赤岳!)vol 1

ディスカバリーさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:YMAPは主にログ撮りに。
    picはinstagramにpostしてます。
    → @disco0407
  • 活動エリア:新潟, 長野, 山形
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:新潟
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/01/02(土) 06:13

 更新
長野, 山梨

山の色は何色?赤だけ!(赤岳!)vol 1

活動情報

活動時期

2015/09/11(金) 10:06

2015/09/11(金) 15:03

ブックマークに追加

アクセス

442人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間4時間57分
  • 活動距離活動距離5.77km
  • 高低差高低差698m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,348m / 698m
  • スタート10:06
  • -
  • 赤岳山荘10:06 - 10:12 (6分)
  • 3分
  • 美濃戸山荘10:15 - 10:19 (4分)
  • 3時間34分
  • 行者小屋13:53 - 15:03 (1時間10分)
  • -
  • ゴール15:03
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

今回の山旅は冬のルート確認と新調したザックのテストを兼ねて八ヶ岳連峰の主峰、赤岳を目指しました。

八ヶ岳は今まで積雪の硫黄岳、天狗岳。蓼科山の経験はあったものの、赤岳はTV番組や山雑誌で滑落事故の多い山と紹介されていたため、もう少し山の経験を積んでからにしようと未登でした。経験を積んだ訳ではありませんが、天気予報で当初、予定した北アルプスの薬師岳が雨マーク。今日は曇り→晴れ。翌日から快晴とあった赤岳に決定。

1日目は10時に登山口出発。行者小屋まで標準タイム2時間のところ、いつもの亀の子歩行で3時間以上かかりました。

標高2400㍍の行者小屋、肌寒くゆっくりランチタイムなど楽しめませんでした。まして山友、師匠のサンチョビさん(前の私の活動記録参照)のように「到着したら、まず生ビール…」なんてあり得ません。

雲に霞む赤岳頂上への急峻な文三郎ルート、地蔵尾根ルートを見上げ「明日はどちらのルートが良いのだろう?」と悩みます。
それよりも、果たして私に安全に登れるのかと言う不安感も。
Vol 2に続く…

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン