YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

妙高山_夏から秋山へ

タダさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:20代終わりから始めた登山、早20年になります。
    最近は家族・家庭の事情で専ら日帰り山行のみです。なので、残り2泊3日の山旅2回で完登の信州百名山も、もう何年も足踏みしています。
    たまには泊まり山行したい!
    皆さんが「うらめしや〜」😓
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

妙高山・火打山・藤巻山

2016/05/03(火) 20:52

 更新

妙高山_夏から秋山へ

公開

活動情報

活動時期

2015/09/12(土) 06:42

2015/09/12(土) 14:26

アクセス:263人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,535m / 累積標高下り 1,484m
活動時間7:44
活動距離11.44km
高低差1,393m

写真

動画

道具リスト

文章

夏から秋への端境期、今日は妙高山へ。
予報は新潟高田方面、雲多め。が、上信越道を進むと、この方面が特に天気良好。

関温泉を通過、関温泉スキー場、大学時代の休み時期に、スキーのインストラクターで修学旅行の学生教えたことがある懐かしい地でもあります。その先の風情ある(鄙びた?)燕温泉から入山。朝6時半、日帰り客用駐車場は7,8台。空いていました。
※下山時は、ほぼ満車。路駐はありませんでしたが。
登山口から右へ北地獄谷道を進みます。温泉源泉管理小屋過ぎ、称明、光明の二段滝を過ぎると、本格的な登山道に。
胸突八丁の登りで高度上げていくと、赤倉ゴンドラリフトからの登山道との合流、天狗堂。
風穴過ぎると展望も徐々に開け、眼下に野尻湖を見下ろします。
この先、鎖場を登り上げると南峰直下の岩稜に。僅かで最高点の南峰妙高大神です。
南峰から大岩の日本岩などの間を通過していくと、山頂標のある北峰山頂に。

夏から秋への半端な時期で登山者も他時期に比べ少なめ。西に見える火打方面もまだまだ木々の色付きはこれから。でも、空に浮かぶ雲もモクモクの雲からすっかり秋雲の装いに。朝晩の冷え込みも強くなり、今月下旬にはすっかり秋色をまとった景色になるのでしょうね。山の秋は急速に進みます。
久々に天狗の庭からの火打眺めに行こうかな。※途中でお会いした方の話だと、今晩の高谷池ヒュッテは予約で満杯だとのこと。

帰りは、山頂標のすぐ北側に下山口がある長助池経由の燕新道で。ピストンより歩行時間は長くなりますが、長助池は気持ちの良い湿原が拡がっています。行程は1時間ほど長くなりますが、この湿原は長い下りにアクセントを加えてくれます。下りこそ山行の醍醐味かな、と。

いよいよ秋山の季節の始まりです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン