YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

白馬岳縦走(1日目) 「高山病初体験」

ししまるさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介: くじゅう行きの足慣らしに、時々、宝満山に登ってます。(ソロ派です)
    最近は、正面ルート以外にも少しずつ行動範囲を広げているところです。
    帰りには温泉に入ってから、腰に手をあて冷たい牛乳を一本!
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

白馬岳・小蓮華山

2015/09/20(日) 01:32

 更新

白馬岳縦走(1日目) 「高山病初体験」

公開

活動情報

活動時期

2015/09/12(土) 07:14

2015/09/12(土) 16:29

アクセス:232人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,380m / 累積標高下り 918m
活動時間9:15
活動距離7.53km
高低差1,576m
カロリー3722kcal

写真

動画

道具リスト

文章

初めて2000m超えに挑戦しました。(大人の夏休み~)
景色は最高でしたが(写真参照)、軽い高山病になってしまいました。


【ルート】
<予定>
猿倉荘ー白馬尻小屋ー大雪渓ー白馬岳*白馬山荘(泊1)ー小蓮華山ー白馬大池山荘(泊2)ー乗鞍岳ー栂池ロープウェイ
<実際>
猿倉荘ー白馬尻小屋ー大雪渓ー白馬山荘(泊1)ー白馬岳ー小屋蓮華山ー白馬大池山荘(昼食)ー乗鞍岳ー栂池山荘(泊2)ー栂池ロープウェイ

●初日午後2時すぎに白馬岳に到着して周辺散策し、山小屋にもう一泊して降りて来る予定でしたが、周辺散策をあきらめ、一泊したのみで一気に栂池に下山。


【体調を中心に】
●前日
・美味しい地元料理を食する。
(時間が早かったので、日本酒0.5合のつもりが、美味しいし残すのももったいないので1合飲酒)
・PM9時過ぎ就寝。

●1日目(晴れ→曇り)
・AM3時半起床。JRの始発で松本駅から白馬駅へ。さらにバスで猿倉荘へ。(バス1台が満員でした)
・(猿倉荘)水を補給し、ザックを背負うと以外と重たい。
・(スタート)白馬尻小屋に着く頃にやっとザックが体になじんだ感じ。
やや、スローペース。
・(白馬尻小屋)休憩して、水分とオヤツ。
・(大雪渓)気温は10度程度か。体調は悪くないのに、ペースがあまりあがらない。雪渓上部ではさらにペースダウン。(ガス欠? 水分補給が足りない? こまめに水分補給)
・(雪渓を抜けた登り)5~6歩登るとすーっと力が抜ける感じ。少し動いては息を整える。(ひょっとして空気が薄い? 軽くめまいがするような)
・(岩屋跡付近)そんなに動いていないのに心拍数が高くなっている(110~120毎分)ため、大休止。食欲はないが、水分と行動食(カロリー、塩分補給)を無理矢理とる。心拍数と軽いめまいも落ち着いてくる。(オナラがよく出る。小屋まで行ってゆっくり休むほうが、下山するより安心か。)
・(避難小屋付近)超スローペース。5~6歩歩いて息を整えながら様子をみる。軽いめまい。(ひょっとして高山病か?)
・酷くなる気配はないため、見えている頂上宿舎(下の山小屋)まで行って判断することに。16時までに白馬山荘に着けばいいか。
・(頂上宿舎)体調は変わらず。酷くなる気配無し。予定どおり白馬山荘までスローペースで行くことに。
・(白馬山荘)16時過ぎに到着。疲労というより、軽いめまいと、脱力感、食欲不振という感じ。少し休憩して、早速部屋へ。やや寒い(時々小雨が。10度を下回っているか。)ため、体を冷やさないようにダウンベストを着て休憩。体調はあまり変わらず。
・18時半頃食堂で夕食。食欲も少し戻り、1人前完食。(体調が良ければすごくおいしかったはず) 周りを見ると、食欲を無くして夕飯がすすんでいないらしき人が数人。高山病?
・ストーブのある団和室でゆっくり休憩(テレビ、雑誌)。翌日は雨になる予報になったため早朝にルートを決めることに。8時半には布団に。

●2日目(曇り時々小雨→雨時々曇り)
・(白馬山荘)5時頃に起床。体調は変わらず、軽いめまい、脱力感、食欲不振。天気の情報を確認するため外へ。ダウンベストとウインドブレーカーでは寒い。(曇り。気温は6~7度くらいでは。)
・5時半頃日の出の予定のため、ダメモトでカメラを持ってる外へ。ちょっとだけ見れました。(ラッキー)
・午前中曇り、午後から雨の予報。稜線で強風や雷がやや心配だが、午前中は大丈夫そう。体調もあるため、6時頃にしっかり朝食をとってから出発。
・(白馬岳)昨日よりいいもののスローペースで山頂へ。
・(稜線)高度を少し下げただけで気のせいか、少し体が動くように。
岩場で滑って転倒。(ストックを仕舞ってませんでした。転び方によっては転落の可能性が。みなさん気をつけましょう。)
・(白馬大池山荘)雨は降っているが、やや気分も戻り、足も軽くなってきた。山荘で昼食休憩(カップラーメン注文)。
・雨は降っているものの、ひどくなる気配なし。この山荘に泊まる予定にしていたが、時間と体調の回復状況を考え、一気に栂池まで下山することに。(ここで滞在するより、高度を早く下げたほうがいいのでは?)
・乗鞍岳へはゆるい登りなのに、ペースはあまり上がらず。下りに入って少しずつペースアップ。
・(天狗が原)体調はほぼ回復。スローペースで歩いてきたためか、足腰の疲労感もあまりなし。
・(栂池山荘)16時過ぎに山荘に到着。風呂に入って、一人でゆっくり反省会。食欲も回復して美味しい夕食でした。

【下山して】
● 天気と体調の関係でカメラの出番があまり無かったのは残念でしたが、いい経験になりました。上に行くにしても、断念して下山するにしても、余裕を持った行程の大事さがわかりました。対応できる幅に大きく差が出ます。多人数で行くと、1人くらい自分のような人が混じっているかもしれませんよね。
● 今回は、間違った準備や判断をした部分もあったようです。是非、次はしっかり準備し、体調を整えて挑戦したいと思います。
(高山病になりやすい体質だと仕方ないですが)
● 1日目の好天で、顔が日焼けして脱皮しました。(耳、頬、鼻)
 特に女性の方はしっかり対策を。





コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン