YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

岩古谷山

康さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:yamapのみなさんのレポートを参考にして
    基本的に単独行で愛知とその隣県を彷徨ってます。
    【百名山】
    富士山7(ホーム?)
    木曽駒ケ岳
    御嶽山2
    恵那山
    伊吹山(雪)
    乗鞍岳(雪)
    大台ケ原
    空木岳
    焼岳

    【一万尺】
    1.富士山
    17.御嶽山
    25.乗鞍岳(少し足りない)
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 静岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

鞍掛山(愛知県)・岩古谷山・宇連山

2015/09/13(日) 22:58

 更新

岩古谷山

公開

活動情報

活動時期

2015/09/13(日) 21:41

2015/09/13(日) 21:41

アクセス:274人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間0:00
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

岩古谷山へ向かう途中、雨が降り出す。
天気予報では降らない予報だったがやはり山の天気はあてにならない。
同行者が雨具を持ってきておらず、無いよりマシとコンビニでビニールカッパを購入。
しかし和市登山口駐車場へ着くと雨が上がった。
さすが、山の天気。

この山は和市登山口から登る人のほうが多いようだが、我々はトレーニングなので斜度のきつい堤石トンネル登山口へ向かう。
とはいっても、初めて訪れた山。
皆さんのレポートを見ながら期待を膨らませての登山となる。

登り始めから巨石の出迎え。
次々と現れる巨石や男滝の圧巻な岩壁など期待に応えるルート。
やはり予想した通りこのルートは下山よりも登りのほうが景色に迫力があった。

頂上手前の二段の鎖場は雨の降った後だったので滑り易くかなり注意が必要だったが、いいトレーニングになった。

小一時間ほどで頂上に到着。

帰りは13曲り側から和市登山口へ下山。
こちらは堤石峠までは結構木道を歩くがその先は起伏のない下り坂を延々と降りる。
途中、二組の老夫婦とすれ違った。
結構軽装でこの先大丈夫かと同行者と心配しながら和市登山口へ到着。

荷物を下ろし、帰路へ車を出すと数分後にまた雨が降り出した。
なんというタイミングかと驚くとともに先ほどの老夫婦のことを同行者とも大丈夫だろうかと心配した。

途中、稲武のどんぐりの湯で疲れを癒して帰宅した。

ちなみにYamapは、また操作を失敗して記録取れず。
和市登山口(9:10)・・・(R473を徒歩)・・・堤石トンネル横登山口(9:23)・・・岩古谷山頂上(10:11~11:35昼食)・・・堤石峠(12:00)・・・和市登山口(12:30)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン