YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

伊勢三山の白猪山819.7mに登る

Run-chanさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:定年後、月に一度の三重県内の山を中心に山歩きを楽しんでいる初心者です。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

白猪山

2015/09/20(日) 23:35

 更新

伊勢三山の白猪山819.7mに登る

公開

活動情報

活動時期

2015/09/14(月) 09:32

2015/09/14(月) 12:52

アクセス:415人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 526m / 累積標高下り 523m
活動時間3:20
活動距離3.82km
高低差507m

写真

動画

道具リスト

文章

今日は快晴の中、伊勢三山の一つ白猪山へ登る。 朝9:00に松阪市の宝塚古墳駐車場に集合。14名が3台の車に分乗し、国道166号線を飯南方面に走る。当初阪内コースから登る予定も、前週の台風18号の雨で一部道路が崩落し通行止めとなっていたので、急遽夏明コースから登ることに変更。
夏明登山口駐車場まで、出発から約30分後位で到着する。駐車スペースは6〜7台は駐車可能であると思われる。トイレはなし。
登山ポストがあり、登山届用紙、白猪山からの展望図などが入っており参考になるので頂き出発です。
スタートしてすぐに雑木林の中を行くが、道はコンクリート舗装がされており歩き易いが勾配のきつい上り坂のため脚への負担が思ったよりある。
5分くらい歩くと夏明コースと夏明別コースの分岐点があり、手作り感いっぱいの案内標識がある。今回は夏明コースを進む。沢の水が流れる音を聞きながら20分位進むと「不動小屋」があり、沢を渡る橋のところで小休止。更にコンクリートの道を13分程進む登山道の中間辺りにある木々の間のスペースに「不動祠」。
「不動祠」は、1m近い石室で前には1.7mの左右一対の石灯篭が置かれてます。ここで小休止し登山の安全祈願をする。
約10分後「石尊大権現」に到着。28段の急勾配の石段があり、登りきったところに大鳥居がある。ここでも安全祈願をする。
また、近くに簡易トイレが置かれていました。 山頂目指し少し歩き始めると偶然にもメンバーの知り合いの方がおられ、キノコ狩りをされていました。登山道近くに白い杉茸を発見し採取しました。いい土産ができたようです。(解散時には欲しい人数人で山分されました)
登山口から「石尊大権現」までは大きく育った植林帯の中を歩いてきたので、全く周りの景色は見れませんでしたが、少し登ると植林帯から抜けて草原の広場に出ます。
この地点で大石コースからの登山道と合流を示す案内図が置かれています。標高約730mと書かれてます。 ここからは、尾根を少し下った後、松の木、雑木林の中を急坂を登ると広場が広がっています。ここには以前展望台があったようですが、現在は取り壊され基礎の一部が残っています。 南方面が開けて局ケ岳が望まれた。 展望台跡を少し先に進み、突き当たりを右に曲がり、少し登って白猪山山頂の三角点広場に到着しました。登山口よりゆっくり歩き小休止を4回程とって約90分を要しました。
山頂に着くと快晴の中、直ぐ昼食を食べる。山頂には、白猪山の麓にある柿野小学校卒業記念の印が多く立てられていた。
山頂から北は、青山高原の風力発電群、経ケ峰、矢頭山、掘坂山、南は、白猪山眼下にある大石町、多気町の町、烏岳、西は、局ケ岳、東は、大明神山などなど360°見渡せることが出来る。
全員で記念撮影し、復路は往路と同じコースで夏明登山口に約1時間でもどる。下り坂が続くも誰も転ばずに戻ることが出来万々歳でした。
今回のメンバーの年齢層はたぶん61歳〜72歳位だと思います。
この後、松阪市にある三重県の不思議スポット「伊勢山上」にも行き、スリル満点の巨岩、奇岩の岩山を登って帰りました。




コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン