YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

表銀座から蝶ケ岳2日目

山散歩さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:十数年運動をして無く、筋力ダウンとなり
    膝の古傷は階段を拒み始めた。

    そこで適当な運動を始める為、知り合いのチャリに参加し始めたのが4年前、調子に乗って2年前からは近くの山に登り始めて、昔の山行を思い出し再び、山にハマる。

    今は、近くの山5、サイクリング3、筏釣り1その他で筋力維持を理由にアチコチ徘徊中です。

    注意‼️
    新アイテム、YAMAPキーホルダーでパワーUPして、出没中❗️笑。
  • 活動エリア:三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1956
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/09/18(金) 10:17

 更新

表銀座から蝶ケ岳2日目

公開

活動情報

活動時期

2015/09/17(木) 07:21

2015/09/17(木) 11:48

アクセス:218人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 527m / 累積標高下り 326m
活動時間4:27
活動距離5.15km
高低差327m
カロリー2507kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は、大天荘までの行程約3時間40分、他の3張のテントは出発して私だけだ。
朝からパラパラと時々雨が降るあいにくの天気だがパッキングして出る頃には雨がやみ、視界良
 好となる。

散歩開始すぐ、山荘近くで考えながら歩いていると、目の前に逃げる動物が二匹に気付き見ると 雷鳥さん、慌ててスマホで撮る。穂高では会えなかったので、テンション⤴⤴\(^o^)/

気分よく大天荘へのルートを行くと、ガスの中へと入り視界が悪くなる。蛙岩ゲエロイワ、に
 気づかずスルーしてしまった。岳!

大下りの頭から、次第に霧雨から雨粒が大きくなるが酷くはなく視界15m程の紅葉を探しな
 がら前えと進む。為右衛門吊岩も通り過ぎ、切通岩から見える喜作レリーフとそこからの、
登りの道を整備しているスタッフに挨拶して登り岩道となり小屋まで500mとある。

この500mがとても長く感じた。ゆっくりペースで体も冷えたのか大天荘に着くころ、寒気を
 感じて今日は素泊まりとする。受付を済ませ、部屋で着替えて、乾燥室でカッパなど濡れた物を吊るし、自炊室ストーブ横でシーフードヌードルを汁多めにして体を暖め、自炊室の本を読む
ことにする。
小栗旬、主演映画も途中から見たので漫画の「岳」①②③を読んだ。彼はスーパーマンである。少し、いやかなりうるっとしながら、小屋のスタッフに気付かれないようにする自分がいた。

夕方雨が強くなる頃、晩飯となり荷を軽くすべく豪華煮込みハンバーグ&ぶり大根+α米を食す。とてもばいう~であった。食後のドトールコーヒー(インスタントカップ付き)で決め、あたりめをつまみに一次会を始める。ここ大天荘は夜には食堂でオイルランプのサービスがあり、ランプの灯りが良い雰囲気で神戸からのソロ、若者のソロと三名で消灯まで過ごし、外は嵐のような荒れ模様で、夜中に目を覚ますと小屋が突風で揺れていた。テン泊であれば、飛んでいく勢いで小屋でホッとし、SW前で小屋も空いており、二段部屋に一人で快適に過ごせました。💤

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン