YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

西穂山荘⇄西穂高岳

HRSさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介: 
     

    脂肪という重荷を背負って登山をしてます。登山の基本はロープウェイかゴンドラで高度を稼ぐこと。
    テント泊が夢。
    まずはダイエットかな。

    気の向いた時、こちらにも写真をアップしています。 
    https://500px.com/takahisahirose 
     
  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:中級者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/09/19(土) 10:53

 更新

西穂山荘⇄西穂高岳

公開

活動情報

活動時期

2015/09/19(土) 04:59

2015/09/19(土) 10:32

アクセス:431人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 616m / 累積標高下り 619m
活動時間5:33
活動距離4.04km
高低差535m
カロリー3573kcal

写真

動画

道具リスト

文章

9/18
・朝8時に第2ロープウェイの駐車場に到着(有料¥600/日)
・08:30の始発に乗り西穂高山荘に向け出発
・山荘まで、のんびり1時間半の歩き、樹林帯歩きなので景色は良くなかったです。歩いていると突然山荘が現れるので嬉しいサプライズ。
この日に西穂高岳山頂に行く予定でしたが雨のため山荘で酒盛り。山荘のサービスはとても親切でテント泊の人でものんびり過ごさせて頂きました。
しかしテント場から見る景色はあまり良くはないです。普通?

9/19
・05:00、テントをたたみ、山荘のザック置き場に大型のザックを置かしていただき(屋外だが無料)小さいザックに最低限の荷物を入れ、ヘッドライトの明かりをたよりに登山開始。
体力も精神力も無いので、のんびり写真を撮りながら登山。

全日の雨のせいか足元は大変滑りやすく、独標付近になると足場が滑り危険でした。
(途中若いグループの一人が目の前で5m程滑落し焦りました。本人に怪我もなく安心しましたが、何とか止まっていたちょっと先は絶壁でしたので、びっくりしました。滑った場所は決して急な登りでは無く、細い平坦な道で足を滑らせたようでした)よそ見には気をつけましょう。

西穂高岳山頂直下のスラブは登りづらく高度感もありますが、その他はゆっくり登れば私的には楽に楽しく登れました。

ロープウェイという禁断の手段を使って、こんな素敵な景色に簡単に出会える西穂高岳に感動しました。
細い尾根、雲海、太陽、素晴らしい自然とまた出会えました。
感謝です。

また来たいルートでした!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン