YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

常念岳(三股から)

またはちさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:丹沢、奥多摩周辺をメインに登ってます。
  • 活動エリア:神奈川, 東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1979
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/09/23(水) 19:57

 更新

常念岳(三股から)

公開

活動情報

活動時期

2015/09/19(土) 04:04

2015/09/20(日) 10:30

アクセス:113人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,326m / 累積標高下り 2,337m
活動時間30:26
活動距離16.30km
高低差1,587m
カロリー13763kcal

写真

動画

道具リスト

文章

・2年前に雨に阻まれ撤退した常念岳リベンジ
・初日の方が天気が良さそうだったので、1日目に前常念経由で常念岳に登り、そのまま蝶ヶ岳ヒュッテまで行く計画。久しぶりのテント泊装備でタイムが読めなかったため、昼12時までに常念岳にたどり着かなければ常念小屋に泊まる条件付きでいざ出発
・テントのみならずカメラ、三脚、焼き肉セット、酒などで15kgオーバーの荷物を背負っての前常念アプローチはしんどかった。しかし12時までに常念岳に着くという気持ちが出過ぎてオーバーペース。前常念に登り詰めた段階でバテバテ
・前常念から常念岳はなだらかな稜線歩き。しかし前半で無理をしたせいで息は上がったまま。肩、腰へ食い込む荷物の負担も大きい。気を紛らわすように穂高連峰を遠くに眺めながら淡々と歩く
・常念岳には10時前に到着。制限時間はクリアしたので、昼食をとって蝶ヶ岳へ向かう
・歩き始めてすぐに雲の中へ突入。視界が利かない中で歩いていると今まで蓄積された疲労がどっと押し寄せ完全にバテてしまう。僅かな登りでも息が切れ、今まで一番キツイ山行となった
・疲労困憊でなんとか蝶ヶ岳ヒュッテに到着。夕食をとってしばらくするとガスが晴れて僅かな時間だけ夕陽に照らされる槍穂が見えた
・翌日は快晴の天気。蝶ヶ岳山頂にタッチして三股へ下る
・常念岳から蝶ヶ岳のルートを甘く見ており、常念岳まで行ければなんとかなると思い、オーバーペースで行ってしまったのが後半の疲労に繋がった。ルート全体のイメージをしっかり持つことと、体力作りが今後の課題

【コースタイム】
9/19
04:05 三股駐車場
06:50頃 標準点櫓跡(2207m)
08:30 前常念岩室 08:40
09:45 常念岳 10:35
13:55 蝶槍
14:42 蝶ケ岳ヒュッテ

9/20
07:23 蝶ケ岳ヒュッテ
09:05 まめうち平
10:28 三股駐車場

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン