YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

つるが谷起点3

やまたいらさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

ポンポン山(京都府)・釈迦岳・小塩山

2015/09/20(日) 17:47

 更新

つるが谷起点3

公開

活動情報

活動時期

2015/09/19(土) 10:04

2015/09/19(土) 14:56

アクセス:161人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 828m / 累積標高下り 806m
活動時間4:52
活動距離8.71km
高低差469m

写真

動画

道具リスト

文章

マイブームになっている つるが谷起点。今回こそ元登山道のトーレス狙う。

水場からトラックイン。
沢を渡渉するといきなりの急勾配。踏み跡に従いトラバース、南側の沢筋にはいる。動物の骨、特徴的なキノコが2種類。ドクベニタケと薄手の赤い手芸キノコ。後者の色違いもあり。しばらく沢筋を登る。yamapをチェックするとルート違いの模様。さらにトラバースし、今度こそターゲットの元登山道の沢筋をトーレス。稜線まで登り切り尾根筋に入る。黄色の標べに従い、二本杉に到着。
小休止後、東海自然歩道沿いに山頂へ。シルバーウィーク初日、天気もよく座席はほぼ埋まっている。常連さんの席に混ぜてもらい話を伺う。
帰りは二本杉手前の沢筋を下る。
最後は崖崩れ跡を滑り落ちない様に慎重に進む。起点に戻りトラックアウト。

つるが谷起点は3度目です。二本杉までの所要時間は順に、沢筋2時間(1st)、尾根筋1時間(2nd)、沢筋+尾根筋1.5時間(3rd)。いずれのルートも稜線に入るまで登山道は不明瞭で、踏み跡の弱い斜面のトラバースには時間を要します。またルート放棄から時間が経っている様で、特に沢筋は荒れ放題です。元登山道には拘らず、尾根筋を進むのが正解です。
また、復路の沢筋は、最後は急勾配の崖崩れ跡に出てしまいます。今回は適度に湿った土質でグリップが確保できると判断し、そのまま進みましたが、滑ると滝の落差分を滑落してしまう事につながります。途中で尾根筋に迂回するようにして下さい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン