YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

島田緑地のシラタマホシクサ

かっちゃんさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:主に東海地方を活動エリアとし、ハイキングをメインにしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1953
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

名古屋市

2015/09/19(土) 16:44

 更新
愛知, 岐阜, 三重

島田緑地のシラタマホシクサ

活動情報

活動時期

2015/09/19(土) 10:00

2015/09/19(土) 12:00

アクセス:125人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間2時間0分
  • 活動距離活動距離0m
  • 高低差高低差0m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り0m / 0m
  • スタート10:00
  • 2時間0分
  • ゴール12:00

写真

動画

道具リスト

文章

島田緑地のシラタマホシクサを見に行った。8月中旬にサギソウを見に行ったがその時にシラタマホシクサの蕾があったが、もう満開に近い。今までは葦毛湿原に行っていたが名古屋市内に2か所もあるとは驚いた。島田緑地へ返信はがきで申込みをし、見学許可の返事が来た。これで12時まで見学ができる。
9時半からの受付なので自宅を8時30分に出発した。緑地の受付場所に着くと20人ほどが待っていた。受付を済ませ5グループに分かれて、保全地区に入っていく。この保全地区にはハッチョウトンボの観察会、サギソウの観察会、シラタマホシクサの観察会と年3回しか入ることができない。ハッチョウトンボの観察会、シラタマホシクサの観察会は申し込みが必要だ、今回の、シラタマホシクサの観察会は43人の参加者があった。
天白高校の浅井先生や守る会の人たちの話を聞いて観察会が始まった。今年はシラタマホシクサの当たり年で多くの花が見られた。花が小さいので接写は何時も苦労するが今回は三脚を着けての撮影なので手振れが少なくて済みシラタマホシクサはうまく撮影で来たが、ミミカキグサについては満足いくものがなかった。
12時近くにシラタマホシクサの観察会は終了し、また来年と挨拶をして会場を後にした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン