YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

三俣山 南峰からの下り失敗

たっちっちさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:プロフィール写真は噴火前の新燃岳です。宮崎の山々を中心に登っています。最近、山の花々に凝っています。
  • 活動エリア:宮崎, 大分, 熊本
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2015/09/20(日) 21:15

 更新

三俣山 南峰からの下り失敗

公開

活動情報

活動時期

2015/09/20(日) 08:38

2015/09/20(日) 13:13

アクセス:343人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 673m / 累積標高下り 670m
活動時間4:35
活動距離7.03km
高低差514m
カロリー3021kcal

写真

動画

道具リスト

文章

三俣山登山、晴天に恵まれ九重の山々や噴煙を上げる阿蘇山、由布岳や祖母山などの景色を楽しめました。
テル坊をつけての登山は、これで晴天3連勝です。

宮崎を5時に出発し、安全運転で大曲駐車場下の路肩に8時30分に到着
8時38分に登山開始です。

大曲の登山口からスガモリ小屋跡までは、いつもの慣れた登山道です。
スガモリ小屋跡から三俣山西峰を目指して登山開始です。
西峰へ上る登山道は思ったより急でしたが、眺望も良く心地よい風が吹いて気持ちよく登れました。

西峰からⅣ峰、本峰への道は笹に覆われた緩やかな上り下りで歩きやすく危険個所もありませんでした。

本峰から南峰へは、南峰への登りが灌木に覆われた粘土地の滑りやすいところが注意を要します。

南峰からYAMAPにでていた坊がつるへ降りるルートは案内板に(若者)と書いてあったので、おじさん二人は拗ねてⅣ峰の西側ルートを巻いて降りるルートを降りてみることにしました。
褪せた赤色のガイドテープに従い、藪漕ぎしながら降りていくと、途中で道が途切れ崖に。
足場の不安定な中を、慎重に北千里まで降りました。

阿蘇山噴火の影響ですが、火山灰が少し降っており、スマホの画面や車にうっすらと積もっていました。
落ち着くまでは、コンタクトより眼鏡のほうが良さそうです。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン