YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

川床どんなとこ?

fumiさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:自由気ままに山歩き~。
    ゆっくり、のんびりが自分のスタイル♪
  • 活動エリア:鳥取, 岡山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:
  • レベル:
  • その他 その他

大山(鳥取県)・甲ヶ山・野田ヶ山

2016/05/31(火) 12:41

 更新

川床どんなとこ?

公開

活動情報

活動時期

2015/09/20(日) 08:10

2015/09/20(日) 15:11

アクセス:259人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,049m / 累積標高下り 2,063m
活動時間7:01
活動距離13.75km
高低差673m
カロリー3065kcal

写真

動画

道具リスト

文章

世の中はシルバーウィーク!
大山にもたくさんの人が来るんだろうなぁ。
でも、夏山登山道に集中するはず!
他のコースに行こっと♪
選んだコースは川床より矢筈ケ山。

川床の駐車場が狭いのは前回確認していた。
なので手前に車を停め、歩いて川床へ移動することにしました。
しかし、これが大失敗。
道なき道を進みはっきり言って遭難してました(T_T)
車から川床までの40分は無駄に疲れました(^^;

なんとか川床に到着し改めてスタート。
ザザァーと水の流れる音が聞こえ、川があるから川床なんかなぁと思いながら橋を渡ります。
緩やかな道をドンドン進みます。
緑がすごくキレイで、癒されます♪
途中、ドングリが落ちてて、秋だねぇ~と、秋色を探すけど、まだ緑色がほとんどです。
石畳はまだかなぁとドンドン歩きます。
石畳は1600年ごろ大山寺に向かう信仰の厚い村人たちによってつくられたそうです。これだけの石畳を人力でつくるなんて、昔の人はすごいです!
石畳の道が終わると大休峠避難小屋。
ここは大交差点!一向平、矢筈ケ山、野田ケ山、川床、あっちこっちに行けます♪
小屋はキレイでトイレもありました。
いつか小屋泊もしてみたいな。

矢筈ケ山山頂まではここからあと1時間。
狭くて急な坂を登ります。
途中から緩やかになりますが、狭いのは相変わらずで、木の枝に服がひっかかります。
山頂はあまり広くなく、目線の高さで木が邪魔してる感じです。
ときどきガスが晴れて、三鈷峰、甲ケ山、烏ケ山が見えました。
帰りはズルズルに滑る石畳に注意して来た道を帰りました。

只今、大山にどハマり中です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン