YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

涸沢小屋から奥穂高、そして殺生ヒュッテ(北アルプス遠征2日目)

さいとさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介: 
    2011年春、運動のためにと苦しみながらも登っていた天拝山、山頂の先に「奥天拝」という案内板を見て「何処に行くっちゃろうか?」と思ったその時・・・・私の山歩きが始まりました。
     
    5年間での
    ・山行日数は406日
    ・延ピーク数は905座
    ・純ピーク数は255座
    ・九州百名山は75/100座
    ・福岡県の山歩きは94/114座

    10年の目標:
    ・延ピーク数は2000座
    ・純ピーク数は500座
    ・九州百名山は100/100座
    ・福岡県の山歩きは114/114座

    ホームは宝満山、単独が多く基本的にスピード登山です。
    もうすぐアラ還ですが年齢に負けたくない。
    山登りを中心にトレイルラン、マラソンにも挑戦しています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/09/21(月) 03:35

 更新

涸沢小屋から奥穂高、そして殺生ヒュッテ(北アルプス遠征2日目)

公開

活動情報

活動時期

2015/09/20(日) 05:08

2015/09/20(日) 16:12

アクセス:171人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 5,859m / 累積標高下り 5,411m
活動時間11:04
活動距離27.66km
高低差1,616m

写真

動画

道具リスト

文章

涸沢小屋ではまったく眠れなかったが、今日の予定はこなさないといけない。

涸沢小屋から奥穂高に向けて5時15分に出発します。
それほど多くはなくて穂高山荘にザックをデポして山頂へ。
記念撮影待ちが10人くらい。
私は待つのが嫌なので山頂標識だけ、そしてここから槍ヶ岳がとても綺麗にみえました。
涸沢小屋に戻って食事をしていったん横尾に降ります。
登る人がもの凄く多くて、予定以上に時間がかかりすぎてしまいます。
そして濡れ石に足を滑らせて、激しく右膝を打撲、普通ならリタイアするくらいの痛みあり。
しかしここまできて簡単にあきらめたくない。
横尾を12時頃出発し、半時計まわりで槍ヶ岳山荘を目指しますが、かなり人が多くて1枚のふとんに3人寝ることになると聞き、16時過ぎに殺生ヒュッテに到着、宿泊可能とのことで、こちらに変更しました。

槍ヶ岳への登山道としては歩きやすい方でしょう。
しかし奥穂から一度下山しての登り返しはかなり気合い入れないと無理です。

殺生ヒュッテはそれほど多くはなく、少しは眠れた。
しかし足の痛みと疲れはひどく、朝になっても回復せず、歩くのもたいへんでした。

最終日は槍の朝駆けです。
忘れらない感動の日となるのでした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン