YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

涸沢2日目(横尾から涸沢へ)

hiroさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介: 2014年、夫婦で体力作りをしようとお気軽トレッキングのつもりで始めましたが、半年も経たないうちに山小屋泊、テント泊までするようになってしまいました。時間のあるときには泊まりで、忙しくても日帰りで2週に1回をめざしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2015/09/22(火) 02:19

 更新

涸沢2日目(横尾から涸沢へ)

公開

活動情報

活動時期

2015/09/20(日) 06:19

2015/09/20(日) 10:38

アクセス:200人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 838m / 累積標高下り 160m
活動時間4:19
活動距離5.46km
高低差687m

写真

動画

道具リスト

文章

横尾から涸沢までは、トイレがありません。ですから、横尾で必ず済ませる必要があります。お花摘みも地形から難しいと思います。
本谷橋までは、割と楽に行けますが、そこから涸沢までは、平坦な道もありますが、基本は上りです。しかし、それほどの急斜面ではないと思います。人によって感じ方が違いますが。
また、途中で涸沢ヒュッテが見えますが、そこからも緩やかにかなり上ります。事前にテン場の位置を調べるためにヒュッテと小屋のどちらに行ったらよいか、ネットで調べましたが、情報を見つけることができず、現場まで行って立ち止まっていました。すぐ後ろから来られた方にどっちに行ったらよいか尋ねられましたが、自分もわからず、下ってきた人に聞きました。ヒュッテ方面の方がよいということでしたので、そちらに行きました。
結果、正解でした。ヒュッテには、テントの受付の時間が書かれていて、12時から受付を始めるので、以前に到着したら先にテントを張ってよいと書いてありましたので、その通りにさせていただきました。トイレや洗面はヒュッテの方が便がよさそうなので、受付の小屋のすぐ近くに張りました。水の調達のできます。受付を始める旨の放送だったかな?があったので、すぐに行き受付を済ませました。あとは、写真の通り延々と夕方まで長蛇の列ができていました。テントの下に敷くパネルは、受付の入り口右側に重ねてあるので、もし係りの人がいなくてもある時に持って行き、後で申し出れば大丈夫です。500円かかりますが、あったほうが絶対に良いと思います。
売店には、カレーやラーメン、おでんがあります。また、カップヌードルなどもおいてあるので、そこで食べることも可能です。翌朝もはっきりとは言えませんが、6時の段階ではすでに営業していました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン