YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

どこまでも続く石段、御在所山

おかかさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:天気の良い日に花を訪ねたり、冬場は主に里山をのんびり徘徊しています。
  • 活動エリア:高知, 愛媛
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

御在所山(高知県)・大星山

2015/09/23(水) 10:55

 更新

どこまでも続く石段、御在所山

公開

活動情報

活動時期

2015/09/21(月) 09:06

2015/09/21(月) 12:48

アクセス:308人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 382m / 累積標高下り 691m
活動時間3:42
活動距離3.58km
高低差672m
カロリー1219kcal

写真

動画

道具リスト

文章

香美市の御在所山は、信仰の山らしく山頂には立派な神社がある。
中腹の参道より、この石段を築く苦労を偲びながら一段一段登り始める。
参道脇には杉の巨木が並び、夫婦松、水場を過ぎると、開けた所にでるが木が伸びて展望は良くない。
尻見坂の標識から見上げれば急な石段の上方にロープがつけられている。
入山安全祈願所にお参りをして、石段を上がる。江戸末期のものだという狛犬や灯篭を見ながら登る。
先の見えない石段を上がると韮生山祇神社。神社の横を通り裏手に回ると三角点あり。
その先の展望所からは眼前にオオボシ山や神賀山、遠くに天狗塚や三嶺方面を望む。
下山は、1名が大屋敷の登山口に車を回してくれることになり植林の道を下った。
下山後、日本の滝100選に選ばれている轟の滝に立ち寄り見事な滝を見て帰宅した。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン