YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

3日目 新高塚小屋-楠川分かれ-白谷雲水峡

nyarooさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:四国の山を中心に登ってます。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

屋久島

2016/04/17(日) 22:12

 更新

3日目 新高塚小屋-楠川分かれ-白谷雲水峡

公開

活動情報

活動時期

2015/09/21(月) 05:02

2015/09/21(月) 13:53

アクセス:185人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 792m / 累積標高下り 1,621m
活動時間8:51
活動距離11.33km
高低差856m

写真

動画

道具リスト

文章

いよいよ最終
早く下りないと大変なことになると焦るリーダーをよそに、各所で記念撮影にいそしむ。
ウィルソン株を過ぎたところから、下からガイドを先頭に次から次へと観光客が上がってきます。
「今日は千人上がってくる」は伊達じゃない。
合間を縫って、数メートル単位で下山。

楠川分かれで、当初は荒川登山口へ下山だったが、昨日宮之浦岳で休んでる間にいつの間にか白谷雲水峡へ行きに変わってたことが判明。
今日は下るだけと思ってたのに、また登るなんて聞いてないよ~と文句言いながら向かいます。

辻峠についた途端、観光客がそこら中に座って弁当食べててびっくり。
昨日までの落ち着いた世界とは違って、だんだんと世俗に戻ってきた感じ。
そこからさらに下るも、巨木も苔もさんざん見てきたので、苔むす森でも特に感動することなく、スルーしてしましました。

白谷小屋で太鼓岩を見に行った仲間を待ちながら休憩。
気分は15時だったけど、周りの観光客がやたらと弁当を食べてるのを見て、まだ12時台だった事に気づく。
仲間と合流して、荒川口から車を回してくれるリーダーを待たせてはいけないと、必死で下山しました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン