YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

山小屋初体験・・・燕岳

さくらさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ダイエットで始めたウォーキングがいつの間にか登山に変わり、今ではすっかり山にはまっています。
    2人の娘たちも山好きにするべく奮闘中(笑)だったのですが
    目論見通り次女が山にはまってくれました。(^_^)v
    アルプスデビューも果たし、これからは『年に一度はアルプスへ』が目標となりました。
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳

2015/09/25(金) 14:49

 更新

山小屋初体験・・・燕岳

公開

活動情報

活動時期

2015/09/21(月) 07:54

2015/09/21(月) 14:56

アクセス:294人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,406m / 累積標高下り 104m
活動時間7:02
活動距離5.15km
高低差1,321m

写真

動画

道具リスト

文章

20日から2泊3日で燕岳へ行って来ました。
シルバーウィーク、娘たちもそれぞれ予定がありひとり。
さすがに1人でアルプスに行く勇気はないので、今回はツアー参加です。

20日早朝6時50分、新大阪集合。
バスで長野県安曇野市へ向かいます。
始めは順調でしたが、事故渋滞に巻き込まれ、穂高神社に着いたのが4時ごろ。
そこでガイドさんと合流して、有明荘到着が5時。
1日中バスで疲れました。
温泉に入って明日の登山に備えます。

21日、7時40分 有明荘出発。
   8時 中房登山口。
ここから燕岳登山の始まりです。
北アルプス三大急登のひとつと聞いていましたが、
それほど急登だとは感じませんでした。
まあ、ツアーなので登るスピードはすごくゆっくりでしたが・・・。
おかげで最後までしんどいと感じることはありませんでした。(^_^;)

燕山荘到着が14時。
6時間はかかり過ぎですよね。(@_@;)
添乗員さんとお話ししましたが、ツアーはこれくらいのスピードだとか・・・。

合戦小屋で名物、スイカも食べました。
甘くて美味しかった。

燕山荘に荷物を置いて燕岳頂上へ。
空身だと登るの楽ですね~。
イルカ岩、メガネ岩、などなど岩々してました。
コマクサの枯れたのがそこかしこに、夏にもう一度行きたいなって感じました。
頂上は狭くて人でいっぱい。(>_<)
燕岳登った証拠だけ撮って下山しました。(笑)

小屋の受付が遅かったので晩御飯は最終の7時50分。
それまで自由行動ですが、ガスがかかっていて周りの景色は真っ白。
景色を楽しむことも出来ないので、明朝の準備をしてビールを飲みに。
山で飲むビールは最高です。
今回はガイドさんたちと熱燗も・・・。
いろんな山の話を聞かせてもらえて良かったです。

燕山荘はさすが女性に人気ナンバー1に山小屋だけあって
トイレもすっごくきれい。
とても山小屋のトイレとは思いません。
食事も良かったし、お布団も良い方だそうです。
色んな山小屋に行ってる方の意見です。

夜中、トイレに起きた時に小屋のお客さんたちが外へ出たり入ったり。
何かあるのかな?って思って外に出てみたら・・・
夕方はガスでな~んにも見えなかったのに、すご~い数の☆・☆・☆。
流れ星も数個見ました。
お盆に涸沢でも見ましたが、何度見ても良いですね~。
寒さを忘れてしばし天体観測。
首が痛くなりました。(笑)
朝の日の出を楽しみにもう一度就寝。

朝5時半ごろ、見事な日の出。
見事な雲海。
昨日は見えなかった周りの山々。
縦走路が見えるところも。
言葉に出来ないほどの感動でした。
やっぱり、山って良いな~って再確認!

6時30分、下山開始。
名残惜しくって何度も振り返ってしまいます。
さすがシルバーウィーク、登山が多いです。
下山もゆっくりなので、後ろから来た人に道を譲ったり
登ってくる人に道を譲ったりと、休憩時間取らなくても休憩時間は多かったです。
ツアーだから仕方ないですね。(^_^;)

とにもかくにもみんなで無事下山。
1泊目の有明荘にもどって温泉&昼食。
あとはバスで大阪へ帰るのみ。
行き同様、帰りも渋滞(>_<)
なんとか電車がある間に帰ってくることが出来ました。

ツアーは自分のペースで歩くことが出来なかったり、
(疲れたなぁ。って感じることがないぐらいゆっくるです。)
途中で写真が撮りずらかったりと難点もありますが
山岳ガイドさんが一緒なので、いろんなこと教えてもらえたりと良いとこもあります。
今回は特にガイドさんも添乗員さんも山小屋では同じ部屋だったので
お話しする機会が多かったのも良かったかな。

アッという間の2泊3日でした。




コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン