YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

三嶺~剣山まで縦走&チャリ

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

剣山・八面山・正善山

2015/09/22(火) 15:03

 更新

三嶺~剣山まで縦走&チャリ

公開

活動情報

活動時期

2015/09/21(月) 06:00

2015/09/21(月) 17:18

アクセス:757人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 6,630m / 累積標高下り 6,639m
活動時間11:18
活動距離36.19km
高低差1,055m

写真

動画

道具リスト

文章

四国へまたやって来たぞー。

徒歩 : 名頃駐車場 → 三嶺山 → 剣山 → 見ノ越駐車場 (距離:27km)
チャリ: 見ノ越駐車場 → 名頃駐車場(距離:9km)

最初は剣登山と思っておりましたが、縦走コースを調べていて三嶺というすばらしい山がある事を発見。次の四国遠征はこれだと決めておりました。家族の了解をいただき、単身二度目の四国の山へ。少し前に石鎚へ行った時の記憶は、まだ鮮明に残っている。

香川県に入り、川田うどん店で昼食、ダブルと具たくさん入れ食べた。これが香川のうどん店の雰囲気と味、おいしかった。
ここから剣山までが意外に遠い。四国中央の美馬まで、ひと山越えないといけない。さらに、国道438号を剣山までの狭い道を2時間近くかけて行く事になる。山道にさしかかると、対向車を避けるスペースの場所とタイミングに神経をすり減らし、ちょうど向かった頃は山帰りの車に逆らって登っていく自分は避ける連続だった。これほど対向車を気にする道を走った記憶は、私には無い。おまけにバスは普通の大きさだ、運転手はどんな技術をお持ちか?そして、バスの後ろを20台ぐらいの車が続けて来る。見ノ越まで着いた時には、神経をすり減らし、放心状態でした。

登山は明朝出発、本日は車中泊。ゆっくりしよう。
自転車を見ノ越駐車場に置き、しばらく、周囲を散策。売店の人に、「来た道は大変でした」というと、3ルートあるけど、美馬から?そこは楽な方だよ。なんだって?
車に乗り、登山予定の名頃駐車場まで移動。地形図では向こうが標高約500mぐらい低いので、登山は大変だが、自転車が楽な方を取った。シルバーウィークの人手で駐車場に入りきらず、路上駐車も沢山あった。
車中泊予定の名頃へ(約9km)向かう。有名なかずら橋を越え、ダムを過ぎ、谷川を渡った所に名頃駐車場があった。
お店など無くこじんまりとした所、駐車スペースは広く、夕方来たせいか半分ぐらいは空いていた。トイレは新しく、ライト,水洗、ペーパーあり。車の横にテントを立てている人もいた。
駐車場のすぐ横が三嶺への登山口、人が下りてこられたので、様子を聞いた。夕方5時、まだ明るいが買い出しして来たビールを飲む。「クー、おいしい」車中で夕食を食べ、6時~9時まで寝てしまった。起きてちょっと散歩。数グループは、まだ晩酌を楽しんでおられる。夜中には寒くなり、防寒着を来て寝た。眠れないと思いきや、熟睡だった。明け方4時半に目が覚めた。まだ真っ暗なのに周囲では懐中電灯の明かりがチラホラ。夜明けを見に登りたいが、道に迷うのはごめんだ。二台隣の方はまだ真っ暗な中をヘッドライトで出発された(後で分かったが、実は「のせっちさん」「くりきんさん」でした。)
私は夜が明け切った6時丁度に出発。気温が低く、服3枚+カッパの上着でちょうどよかった。最初にペースを上げると足が痛くなるんで、「ゆっくり」と自分に言い聞かせながら・・。しかし、私にとって歩きやすい道で、標高1000m差を登る事を感じさせなかった。
7割ぐらい登った所で、くりきんさん,のせっちさん、と出会った。今思えば、記念写真を撮っておけば良かったと後悔している。気が付いたら追い越して随分前を歩いていたが、頂上で会えると思ってそのまま・・・。
頂上には7:40に到着。標高があるだけにけっこう長かったかな。大山登山よりも時間がかかる。
三嶺(みうね)高知県では(さんれい)と呼ばれている。駐車場の看板には、mimune(みむね)とあった。さすがに登山家風の人がお見えになる。「剣山はどちらですか」と聞いたら景色を指さし、丁寧に教えていただいた。反対方向に天狗岳が見え、そっちから歩いて来られる人がいた。たいへんに見栄えが良く、途中まで歩いて行って見ることにした。天狗岳まで4.7kmとあり、行ってしまったら。日程が終わってしまう。9:15までくりきんさん(yamap)たちを待っていましたが会えず、「ごめんなさい剣へ向かいます」って先に歩き出した。
道中は、写真で紹介した通りですが、山の風景,植生,岩石,どれをとっても初めての事ばかりで、足元を見るのを忘れるほどでした。天気は快晴でしたが、時折吹いてくる北風が涼しく、気持ちのよい縦走でした。
散策に夢中で、脇道など余計なところも歩き回ったせいか、後半バテ気味、やはりペース配分が必要だなって思った。お泊り用の大容量リュックも持っていないし、本来は本格的な装備で歩くべき場所だ、それには、もっと体力をつけないといけません。yamapの記録にもよく出てくる、南側から天狗→三嶺を周回するルートも魅力的だと思った。
一周見渡すと同レベルの山がこんなにあるのかと思った。前回の石鎚も頂上に登っただけで周辺の縦走コースも歩いた事がない。有名な山よりも、その周辺が良かったりする。そうそう、今回、マムシ(蛇類)に出会わなかった。熊もでるらしいが、このシルバーウィークに人が押し寄せ、熊も穴に隠れているだろう。
剣山は設備が整っていて、観光地としては集客力があるようですが・・・、昔の人は、車で来たあの狭い道を歩いてようやく登る事が出来た神聖な山だったんだろうなあ。
自転車は、ほとんど、コグ事なく楽に名頃まで着きましたが、風がとにかく寒かった。到着後、車の横に自転車を置き、大の字になったまま、実感をかみしめていると、近くの人が来て「ひょっとして縦走したの」と言われ、その他色々と話をしていただきました。
車で見ノ越まで戻り、お店が空いていたので、夕食「肉うどん」をむさぼるようにかき込んだ。体が温まった。
帰りは、日が暮れた後出発したので、来た時のように対向車がなくてよかった。やはり夕方来るものではないと思った。一気に帰ろうと思ったが、眠くなり、岡山道の途中、高梁PAで仮眠をとったが、起きたら0:30だった。自動販売機でコーヒーを買い目を覚ます。普通に歩けたので、タイムリミットの明日の午後「スポ少サッカーの準備」は出来るだろう。午前3時前に帰宅。シャワー後、飲みたかったビールにありつけた。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン