YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

葦毛湿原のシラタマホシグサ

かっちゃんさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:主に東海地方を活動エリアとし、ハイキングをメインにしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1953
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

湖西連峰・石巻山・坊ヶ峰

2015/09/21(月) 23:52

 更新

葦毛湿原のシラタマホシグサ

公開

活動情報

活動時期

2015/09/20(日) 08:00

2015/09/20(日) 13:00

アクセス:157人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間5:00
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

昨日は島田湿原でシラタマホシクサを見たが今日は葦毛湿原で、シラタマホシクサを見に行く。葦毛湿原と島田湿原はどう違うか、湿原の成り立ちがそもそも違う。片方は山からの湧き水もう片方は岩盤の上に溜った水が出てくる。
バスと地下鉄を使い名古屋駅まで行き、JRで豊橋駅まで行き、豊橋駅からは豊橋鉄道のバスで葦毛湿原へ行くが先日買った回数券を忘れてしまった。仕方なく車内で又回数券を買った。バスは往復800円かかりJRは1,540円かかるので交通費は2,340円必要になる。
葦毛湿原のバス停に8時43分に到着した。
湿原の入口にはシラタマホシクサが満開で見ごろである旨のお知らせがかかっていた。木道を歩き、シラタマホシクサ、サワシロギク、ミズギボウシ、ミズギク、ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサ、イワショウブ、トウカイコモウセンゴケなどが見られた。
1時間ほど写真撮影をしていると、カメラから電池残量ゼロの表示が出だした。入り口付近のベンチに戻り休憩をした。IPADにはまだ電池残っていたので、IPADで写真を撮ることにし、また湿原に戻り写真を撮ることにした。
ミミカキグサ、ホザキノミミカキグサは花が小さいのでいつも撮るのに苦労する。なかなか満足するものが撮れなかったが、ホザキノミミカキグサはうまく撮れたのではと思っている。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン