YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

猿倉~白馬三山~栂池 1日目

(´ω`)さん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:お世話になってます。
    皆さんの活動記録はとても参考になります。
    ですので、感謝の気持ちをこめて、ひっそりと私の活動記録も残そうと思います。
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

白馬岳・小蓮華山

2015/09/23(水) 11:52

 更新

猿倉~白馬三山~栂池 1日目

公開

活動情報

活動時期

2015/09/04(金) 06:30

2015/09/04(金) 15:51

アクセス:130人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,883m / 累積標高下り 2,424m
活動時間9:21
活動距離13.27km
高低差1,665m

写真

動画

道具リスト

文章

猿倉荘~白馬大雪渓~白馬岳頂上宿舎~杓子岳~白馬鑓ヶ岳~白馬岳頂上宿舎(泊)~旭岳~白馬岳~小蓮華山~白馬乗鞍岳~栂池自然園駅~(ロープウェイ&ゴンドラリフト)~栂池高原駅

9/4 1日目
出発予定の5:00は、雨が降っていました。雨は上がる予報でしたので少しスタートを遅らせて、6:32に猿倉荘を出発しました。出発直後のわずかな時間、青空が見えました。本日の青空はこの瞬間だけでした(>_<)

わずかですが樹林帯の登りを歩くと、林道に出ます。林道をしばらく進むと終点となり、そこから先は狭い登山道です。ゆるやかな道を登り、7:21に白馬尻小屋に到着です。ここで雨がパラツキ始めたのでカッパを着ました。

小屋から15分程でケルン、そこからさらに10分ほど登った所から雪渓歩きが始まります。9月なので大分上からのスタートでしょうか。6本爪のアイゼンを装着しました。勾配が徐々にきつくなりますが、落石の危険がありますので常に上方を警戒して、早めのペースで一気に登ります。心配性なもので…(^^ゞ

やがて、雪渓を遮るような形でロープが張られていましたので、そのロープに沿って雪渓をトラバースして左岸に取り付きます。雪渓歩きはここで終わりになり、秋道を歩きます。歩きにくいガレ場の登りです。ここでアイゼンを外していると、カランカランと乾いた音が… 小さな落石の音に周囲の皆が一瞬凍りつきました(^^ゞ

葱平は気付かずに通り過ぎてしまい、50分ほどで避難小屋に着きました。中にはベンチがあり、5人も入れば満員になってしまうぐらいの広さでした。避難小屋からさらに50分ほどの登りで村営白馬岳頂上山荘です。

宿泊の受付を済ませて、着替えと下から担ぎ上げてきた翌日分の水を部屋に置いて(毎回私達は、初日と翌日分の水は家で汲んだものを担いで登っています。)、杓子岳と白馬鑓ヶ岳を目指します。

稜線に出てからの天気は、霧で展望はありませんでしたが、幸いにも雨だけは上がりました。
杓子岳までは一旦、かなり下ります。頂上直下の最後の登りはきつかったです。約1時間で杓子岳山頂に着きました。風が強く、立ち止まっていると体温を奪われます。

次に目指すは白馬鑓ヶ岳。杓子沢のコルまで下ってから登り返しです。山頂の少し手前に標識があり、そこを直角に折れれば、程なくして白馬鑓ヶ岳に登頂です。ここも霧で一面真っ白でした(>_<) 写真撮影と行動食をとった後、白馬岳頂上山荘への帰路に着きました。帰りは杓子岳山頂は巻いて来たのですが、見た目では、白馬鑓ヶ岳側から山頂にアプローチした方が楽だった様に見えました。

夕飯は17:00からでした。さすが北アルプス!! 超豪華です。海老フライにポン酢でいただく牛肉がとても美味しかったです。
(休憩2h14m)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン