YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

(2日目)鷲羽岳、水晶岳、黒部五郎岳縦走

もろさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:最近、登山の楽しさを知って、週末に東海地区を中心に登っています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳

2015/09/23(水) 02:08

 更新

(2日目)鷲羽岳、水晶岳、黒部五郎岳縦走

公開

活動情報

活動時期

2015/09/20(日) 06:45

2015/09/20(日) 13:54

アクセス:132人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,140m / 累積標高下り 1,153m
活動時間7:09
活動距離9.77km
高低差579m

写真

動画

道具リスト

文章

三俣山荘~鷲羽~ワリモ岳~水晶岳~岩苔乗越~黒部源流~三俣山荘

快晴の2日目
サングラスを忘れているのに気付き戻ってタイムロス…
気を取り直し、初日から目の前にあった鷲羽岳へと登ります。
下から見ると険しい直登かと思っていましたが、つづら折れになっていて登りやすい。途中振り返ると小屋やテントサイトが良く見えます。
山頂は景色も良く広い、形もイイし良い山。
途中ワリモ岳に寄り道して水晶岳へ。
途中、昨日からの疲れか足が重くなりますが、歩きやすい為自然と足が進みます。
水晶小屋からストックザックをデポしていく人が多かったですが自分はそのまま向かいます。
景色の良い歩きやすい道から始まり少しの岩綾帯歩き、山頂は狭く写真と風景を楽しんだら早めに下山。

小屋で力汁(餅入りのお吸い物)をとりエネルギー補給。
裏銀座を縦走してきた方々もここで合流します。みなさん重装備。

ここからテント場まで戻りますが岩苔乗越から黒部源流を目指し下ってから登るルートへ。
紅葉と沢の水とを楽しめるルートでした。(右手に見ていた祖父ケ岳山頂からの景色は最高とその日の夜、隣のテント場の方に伺いました。)そんなに険しい登りでも無いですがヒーヒー言いながら登りきり無事ベースキャンプへ。

小屋でテント場の受付を行いましたが、ビールを含め飲み物がほぼ売り切れ、どうしてもアルコールをという方はワインを買われていました(こちらは沢山あるようでした。)

テント場は少し空いているかと思っていましたが、逆に昨日より増えていました…
周りは雲の平、笠ヶ岳、烏帽子小屋から来られた方など色々な方が見えました。
隣の渓流釣りもやられる、よく喋るオッちゃんに色々と聞きながら休憩。
食事を済ませ、
寒むなる頃には就寝…
途中、寝ては起きてを繰り返しました。
やはり、秋山、テント内の気温は一桁、寒がりの為温かめのシュラフとカバーの為か少しは暖かく過ごせました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン