YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

(3日目)鷲羽岳、水晶岳、黒部五郎岳縦走

もろさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:最近、登山の楽しさを知って、週末に東海地区を中心に登っています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

水晶岳・薬師岳・黒部五郎岳

2015/09/23(水) 01:01

 更新

(3日目)鷲羽岳、水晶岳、黒部五郎岳縦走

公開

活動情報

活動時期

2015/09/21(月) 06:38

2015/09/21(月) 15:44

アクセス:178人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,432m / 累積標高下り 1,433m
活動時間9:06
活動距離13.24km
高低差518m

写真

動画

道具リスト

文章

三俣小屋~三俣蓮華岳~黒部五郎岳~三俣蓮華巻き道~三俣小屋

3日目、1日を通して曇り/晴れの天候
黒部五郎岳を目指します。
三俣蓮華岳の山頂ではガスの中、稜線を歩き黒部五郎小屋へ。
手前の下り坂で帰りはこれを登るのか‥と考えさせられました。
小屋で水を補充し山頂目指します。
カールの横を登るのですが、道がしっかりしていて、思っていたより登りやすかった(下山時落石注意!)。
山頂ではガスはありましたが、少し晴れ間があり景色を楽しめる場面もありました。
下山後、お昼のを当てにしていた小屋で軽食が売れきれ。
早く戻る為に三俣蓮華は巻道で戻ります山頂ルート寄り道は細い所も。
雪渓が残っている場所もありました。

お昼の軽食が取れず、精神的ダメージとエネルギー不足と戦い。
自分の食料計画の未熟さを痛感させられました(行動食は持ってます)。
テントに戻ってカップ麺をやけ食い空腹にはたまりませんでした。

この日も山荘、テント場は沢山の人。山荘は全日とも案内は布団2枚で5人。
トイレも使用者が多い為か夜にはトイレットペーパーが無くなっていました。

この日の夜が一番寒く自分が見た中テント内は4度くらい。
フライシートは少し凍っている所も‥
3日目となると寝るのにも慣れてきますがそれでもマットから滑り落ちてしまいます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン