YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鳥海湖が見たくて

ふく夫婦さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:夫婦で山のぼりをしています。
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

鳥海山・荒神ヶ岳・七高山

2015/09/27(日) 21:09

 更新

鳥海湖が見たくて

公開

活動情報

活動時期

2015/09/22(火) 06:14

2015/09/22(火) 15:34

アクセス:806人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,749m / 累積標高下り 1,752m
活動時間9:20
活動距離14.82km
高低差1,076m

写真

動画

道具リスト

文章

今回の東北遠征は、鳥海湖が見たいというダンナの夢を叶える旅でした。
鳥海山のコースプランを見ると9時間50分とあり、ビビる私に「鳥海湖まで行こう」「鳥海湖から先はどこで帰ってもいいから」「無理せずゆっくり楽しめば、山頂は行かなくていいから」と甘い言葉で毎日説得されました。
「じゃーーーー行こうか:::」

大平山荘の予約が取れなかったので、酒田のホテルを4時半に出発します。登山口は「おおひらさんそう」とナビを入れるもない?あれ?仕方なく地図を見ながら進みました。

伝石坂、愛宕坂と名付けられた急坂を登ると、御浜小屋が見え、回り込むと鳥海湖が現れます。
小屋の横でおじいさんが休んでおられました。「脊椎狭窄症になってから歩けなくなった」とおっしゃる(驚)
私たちは帰りに湖畔でゆっくりしたいので、少し休んで先に進みます。
途中、出会った方から国民宿舎は「おおだいら」と聞きました(そーか)
千蛇谷のごつごつ岩は歩きにくく道も細くなるので慎重になります。大物忌神社に着き「ここで止めてもいいよ」とダンナに言われましたが「ここまで来て帰りたくない」と山頂のガレガレに挑戦しました。なんとか登頂できましたが・・
歩きにくい道に疲れました。

行者岳、文殊岳を見ながらピストンで下山します。途中おじいさんと再会!本当に頭が下がりました。涙が出ました。

さあ、元気を出して、と自分を励まし歩きます。
登山口が近くなると降りてしまうのがもったいなくて、登ってよかったなぁとしみじみ振り返りました。





コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン