YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

35年以上前の帆布ザックのレストア完了

山川遊さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:還暦過ぎたじじいです。遥か昔は「雪よ岩よ」の時期もありました。40年のブランクを経て、5年前に同世代の友人と雪山カムバックしましたが、その友人が山が出来なくなって。自身は2015年末に関節リュウマチになりイテテです。いっそ、ユルユルで行こうと思い、装備の軽量化とユルユルテン泊で山を遊ぼうと思う。「ユルユルテン泊」とは若者が日帰りするルートを1泊して、より長い時間山を楽しもう、という贅沢です。
    夏は西洋毛ばり(フライフィッシング)もね。
    FB:https://www.facebook.com/motoetsu.kobayashi
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1951
  • 出身地:長野
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

金華山(岐阜)・鷹巣山・洞山

2015/09/26(土) 13:10

 更新

35年以上前の帆布ザックのレストア完了

公開

活動情報

活動時期

2015/09/26(土) 12:00

2015/09/26(土) 13:00

アクセス:455人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間1:00
活動距離0m
高低差0m
カロリー536kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ふと思いついて、古い帆布(キャンバス)のザックが押入れにあった事を思い出しました。
出してみましたが、カシメは抜け、ショルダーのフェルトは腐り、各部の革が変色・ひび割れでひどい状態。
今の人は帆布ザックなんて知らないでしょうが、ナイロンザックが出る前はザックの素材は帆布と革だった。

これは秋冬の低山徘徊に使えるのではないかと思い、手持ちの革を使ってレストアしました。
① ショルダーベルトのフェルトを交換(フェルトは30cm角であつさ5mmで2700円)
② サイドベルトを交換(手持ちも革を使い金具はオリジナルを使用)
③ ショルダーベルトの下部の革を交換(4箇所)
④ チェストベルト25mm幅を追加。ウェストベルトが無いのでチェストベルトの幅を広めにした。
⑤ アックスホルダー、ブタ鼻を追加してピッケルがつけれるようにした。
  アックスホルダーはザックの下部なので縫う事が難しいのでカシメにした。
最後に海外通販で注文した帆布専用の防水WAXで完了予定
材料費と追加購入の工具で1万円程度かかった。 
ナイロンの新しいザックなら十分買えるコストかけたけど。

古い山屋には帆布ザックはいいと思う。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン