YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

土曜日の草千里(阿蘇烏帽子岳)

ヒロさんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:熊本
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

阿蘇南側

2014/07/13(日) 21:33

 更新

土曜日の草千里(阿蘇烏帽子岳)

公開

活動情報

活動時期

2014/07/12(土) 09:54

2014/07/12(土) 15:46

アクセス:265人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,734m / 累積標高下り 1,810m
活動時間5:52
活動距離11.25km
高低差666m
カロリー2518kcal

写真

動画

道具リスト

文章

梅雨の時期で、台風8号が去った最初の土曜でしたが、何処に登ろうかと思っていたところ、同僚のYさんが「阿蘇烏帽子岳に登りたい」との事でしたので、草千里を周回するコースではなく、地獄・垂玉ルートから登る事になりました。

このコースは、あまり登られていないマイナーなコースですが、個人的には南阿蘇村で一番の温泉だと思う、山口旅館の近くからスタートします。

最初から階段を登って行きますが、木立の中を通り新緑が綺麗で癒されます。

視界が開けると目の前に阿蘇の高原が広がり、放牧された赤牛が美味しそうに草を食べています。

草原が終わると、木立の中にある階段をひたすら登ると、草千里西縁に出て、草千里ヶ浜が一望できます。

烏帽子岳の山頂までもう一息のところで最後の急登である階段を登ります。

烏帽子岳の山頂からの景色は霞も少なく、かなり見渡す事ができました。

熊本市内方面を見ると金峰山の先に雲仙普賢岳が見え、くじゅう連山、鞍岳などの山々も見えました。

烏帽子岳山頂でマッタリした後、草千里ヶ浜方面に下り一周して下山しました。

下山後、山口旅館の立ち寄り湯の時間が終わっていたので、「蘇峰温泉ゆうやけ」で汗を流しましたが、その後、大雨に見舞われました。

実は、この日参加したMさんは雨男で彼と一緒に登ると必ず雨に見舞われていたので、心配していましたが、雨が降らなかったので汚名返上かと思いましたが、やはり雨男でした。

ソロで登るのも楽しいですが、みんなでワイワイ楽しく登るのもアリだと思う一日でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン